300円に執着する男

お昼休みだというのに・・・こんな内容をアップしていいものかどうか・・なんですが、世間にはこんな男が多いのか?否か?

これまで数名の上司に仕えてきましたが、お金に関しては、ケチと大盤振る舞いの人の差が激しい、激しすぎるのです。

昨年3月までいた上司は、仕事は全く・・・だったけど、どこか他県にいけば、みんなにそれぞれお土産をかってきたり、誰かに野菜などを貰えば、職場に持ってきて、分けてくれたり・・と気の毒なくらいに、なんでもいただいた。

しかし、昨年4月からの上司は・・・お金に関しては、かなりせこい。
私が銀行などで不在のとき、ダスキンの交換が来たりするのだけど、945円を立て替えて払ってくれることもない。「今、事務職員がいないから、あとで代金を取りに来い」と言うらしい(苦笑)。

節約家というならまだ聞こえはいいけれど、男がお金のことをネチネチと言い続けるのは、本当にみっともない。

300円に執着する男・・っていうのは、この上司のことだけど、今日から東京出張、明日は、大学時代の友人達とゴルフをする約束をしていたらしい。

それで、数日前、宅配便でゴルフセットを送ったそうだ。料金は3100円だったらしい。

普通、何の疑いもなく、それで終わると思うけど、昨日事務所のパソコンで、その宅配業者のサイトをチェックしたら、係員に言われたサイズだと2800円と書いてあったらしい。

すると、そのオヤジは「あの男は300円だました!」だの何だの・・文句を言い始めた。

内心、ひょえーと思っていたのだけど、「まぁ、300円くらいの事で文句を言っても仕方ない」とか言い出したので、あきらめたのか・・と思っていた。

が・・・その3分後・・・彼は事務所の電話を使って、その宅配業者に電話し始めた!

すると、ゴルフセットというのはサイズが決まっていて3200円なのだそうだけど、お客様は持ち込みをしていただいのたで100円引きで3100円です。と言われたらしい。

そう、上司が言われたサイズを聞き間違えていただけなのだ!

すると、「あぁ~そうですか」とばつが悪そうに電話を切った。

お客さん商売の人たちって、本当に大変なのですね。こんな悪質クレーマーがいるのだから・・・。

この上司、携帯で電話するときも、どうでもいい人には、ワン切りもしくは2回ほどしか携帯を鳴らさない。
そして相手からかかってくるまで待っていたりする。
かかってきたら、「忙しいかもと思って、すぐ切った」とか白々しく言うのだ。

私の携帯にも週末仕事の事で電話がかかってきたことがあったけど、本当にワン切りだった。

でも、大事な人にはそんな事はしない!!

皆さんの職場にもこんな男性いますでしょうか?

もし、私の旦那とか父だったら・・・恥ずかしくてしょうがない。

あ~、書いたら、ちょっとすっきりしました(笑)。
[PR]

by chelsea26 | 2010-02-10 12:52 | 雑記&ご挨拶