門司港レトロ(後編)

d0148729_2110303.jpg


門司港駅の南側に「栄町銀天街」というショッピングストリートがあります。
かなり・・・昭和の匂いがプンプンしておりました(笑)。

ここに「昭和レトロ館」があるとガイドマップに書いてあったので行ってみました。

d0148729_21135687.jpg


営業は、土日祝日と夏休みのみだそうです。

レトロ館の前に置いてあったアイスキャンデー屋さんの自転車。

d0148729_21154095.jpg


建物の中は、昭和時代の懐かしいお部屋の再現やオモチャ、文具などが飾ってありました。

テレビの上に飾ってあるお人形って、我が家にもこのタイプのお人形あったような・・・。

d0148729_21173242.jpg


d0148729_21175219.jpg


d0148729_211812100.jpg


d0148729_21182913.jpg


d0148729_21184714.jpg


d0148729_2119096.jpg


北九州出身の漫画家「関谷ひさし」さんゆかりの展示物などもありました。

d0148729_21211027.jpg


昭和レトロ館のあとは、ちょうどお昼時となったので、門司港名物(知らなかったのだけど)「焼きカレー」を食べに行きました。

どこを歩いても「焼きカレー」の看板ばかりで、一体どんな食べ物??と興味津々。

海外との貿易港であった門司港近くには、数多くの洋食屋さんがあったそうですが、昭和30年代、とある喫茶店のオーナーが、カレーをグラタン風にオーブンで焼いたところ、かなり好評だったそうで、それが今に至っているのだとか。今では、ドリア風に、チーズや卵をのせているところが多いようです。

d0148729_21272761.jpg


看板を見て気になった本家本元「ユキ」さんという喫茶店に入ってみました。

お店のカウンターに置いてあったサザエさん一家のお人形が何とも可愛い。

d0148729_21353878.jpg


喫茶店とやらも最近はかなり少なくなっているだけに、とても新鮮~。

まずはサラダ。この感じが昭和風サラダって感じ。

d0148729_21345452.jpg


これが門司港名物「焼きカレー」です。チーズと卵とカレーが絶妙にいい感じ~。
卵は隠れちゃっていますが、真ん中にとろり~と入ってます。

d0148729_21365891.jpg


これは、我が家でも再現できそうなお料理です。
美味しくいただきました~。フルーツサラダつきで800円です。
門司港レトロへ行かれる方は、是非「焼きカレー」を!!
[PR]

by chelsea26 | 2010-03-23 21:46 | お出かけ&グルメ