Edith Piaf 「Non je ne regrette rien」(水に流して)

ハッと気づけば、今年も3月が過ぎ去っていきました。
年度末からバタバタ・・・と、退職する人がいて、新しく入ってくる人がいて、手続きやら決算やら報告書作成やら次から次へと仕事が押し寄せ、パニック状態!

のときに、職場のパソコンが壊れた007.gif
というか、私が壊してしまったのだけど。。この忙しいときにパソコンは修理中。トホホ。
データだけは無事だったのが救いでございました。

4月になったってことで、気持ちも新たに・・なんて心の余裕はごじゃりません。

家に帰ってからの心を癒す私の薬は、なんたって韓国ドラマ。

先日、韓国ドラマ「宝石ビビンバ」を見ていたら、主演の女性に心を寄せる男性が「今度、お店でかけるから、あなたの持っているCDを貸して欲しい。どんな音楽が好き?」って聞いたところ、彼女が「エディット・ピアフの曲」といって、紹介されていたのが、この曲。




ほほぉ~良い曲ですよね。韓国ドラマでは、よく外国の音楽も流れるのですが、なかなか選曲のセンスがよいのです。

それにしても、フランス語って、こんなに巻き舌を使わないといけないのでしょうか?
気持ちよいぐらいに、巻き舌使ってますよね、ピアフ様。

小学生の時の友人が、かなりの巻き舌で、いっつも「トゥルルルルル・・・」と上手にのどを鳴らしていたのですが、私にはさっぱり出来ない!

巻き舌が普通に出来る友人は「何で、出来ないの?」って感じでしたが、出来ないものはできない。
これはやはり生まれつきのものなのかしらん?出来る人が羨ましい~と思ってました。

なので、巻き舌をよく使う、フランス語、イタリア語、スペイン語は勉強したって、巻き舌なしで話したら、やっぱりバカにされるのかしらねぇ??
[PR]

by chelsea26 | 2010-04-01 21:51 | 音楽