Nataliya Gudziy 「いつも何度でも」

ナターシャ・グジーさんが歌う千と千尋の神隠しの主題歌「いつも何度でも」。
この歌にこんな深い意味が込められているとは・・あの大震災があって気づかされました。


彼女が6歳の時、チェルノブイリ原発事故により被爆し、その後音楽活動を経て、日本へ。
3日間だけの避難と言われ、何ももたずに家を出たら、そのまま家に帰ることもできず、地図から消されてしまった故郷。

人間は忘れることによって、同じ過ちを繰り返します。悲劇を忘れないでください。

彼女の話す言葉をしっかりと受け止めなければいけません。

ナターシャ・グジーさん(ウィキペディアより)

ナターシャ・グジー(Nataliya Gudziy;日本名未公表1980年2月4日 - )は、ウクライナ出身で日本で活動している歌手、バンドゥーラ演奏家(バンドゥリースト)である。

ウクライナのドニエプロペトロフスク州(現ドニプロペトロウシク州)の村に生まれた。その後、家族とともにチェルノブイリ原子力発電所に近いプリピャチに移住した。1986年4月26日のチェルノブイリ原子力発電所爆発事故によって被曝、キエフに避難した。

ウクライナの民族楽器バンドゥーラの音色に魅せられ、8歳より音楽学校で学ぶ。チェルノブイリ原発事故で被災した少年少女を中心に結成された民族音楽団「チェルボナ・カリーナ」(赤いカリーナ)のメンバーとして、1996年、1998年に来日し、全国で救援コンサートを行う。

2000年からは日本語を学びながら日本での本格的な活動を開始。その透明で美しい水晶の歌声とバンドゥーラの可憐な響きは多くの聴衆のこころを惹きつけている。

1999年、2000年には、「消えた故郷」「消えた故郷2」(チェルノブイリ子ども基金)を救援CDとして発売。2002年には井上鑑プロデュースの「セルツェ(こころ)」(音楽センター)を発表。2004年12月来日5周年記念アルバム「Nataliya(ナタリア)」とクリスマスアルバム「Merry Christmas」(ともにオフィスジルカ)を同時発売。2006年1月には、チェルノブイリ20年救援アルバム「こころに咲く花」(音楽センター)を発表。11月には、ウクライナの故郷や家族への想い、チェルノブイリ原発事故の体験、日本での音楽活動などについて日本語で綴った著作に5曲入りCDをセットにした初のCDブック「ふるさと~伝えたい想い~」を発売した。

2005年7月のウクライナ大統領ヴィクトル・ユシチェンコ来日の際には、首相官邸での小泉首相主催の夕食会に招かれ、演奏を披露。チェルノブイリ救援コンサートのほか、テレビ、ラジオ、音楽教室や学校での国際理解教室など多方面で活躍している。



[PR]

by chelsea26 | 2011-05-07 19:29 | 音楽