韓国ドラマ「ファンタスティックカップル」

d0148729_20373761.jpg


韓国で2006年に放送されたドラマ(全16話)。
かなり好評のドラマってことで見たいな~と思っていたら、ギャオで始まるってことで、毎週木曜日の更新日を楽しみにしておりました。

この音楽がとっても良いのです~。



それにしても、このドラマを見て、どれだけジャージャー麺が食べたいと思ったことか(笑)。

莫大な遺産を相続したチョ・アンナは、超高ビーで毒舌家。
韓国のリゾートホテルを経営しながら、自由気ままに暮らしていたビリーのもとへ、妻であるアンナがアメリカから帰国するとの連絡。韓国に到着し、空港からホテルへ車で向かう途中、脱輪しちゃって困っているところに、亡くなった兄夫婦の子供3人の面倒を見ながら、小さな建設会社を営んでいるチャン・チョルスと出会う。ちょっと小遣い稼ぎにと雨の中、修理をしていたチョルスの車の中を見ると、赤い液体とマネキンが・・・(単なるペンキなんだけど)。それを死体だと勘違いし、チョルスのことを殺人犯だと思ったアンナはスコップで彼を殴り・・そのまま逃亡(笑)。

数日後、豪華クルーザーの修理にやってきたチャン・チョルス。そこでアンナと再会。またしても、喧嘩となり、彼の大事な工具と彼を海へ突き落としてしまう。怖いヨジャだ~。

リゾートホテルでは、妻の機嫌を伺いながらも、妻に従う夫のビリー。でも、ビリーが大事にしていた水槽をアンナに壊され、金魚が死んじゃったことで、大喧嘩。

その夜、アンナはヨットの上でお酒を飲んでいたら、そのときに、結婚指輪がコロコロと転がり、それを追っかけていたら、そのまま海の中へドボン!

大事な仕事道具を海に投げ込まれたチョルスは、海に潜って工具を探していたところ、おぼれかけ、そのまま病院へ。

病院で目が覚めると、何やら近くで、言いたい放題の女性が・・・!大事な工具を海に投げつけたアンナがそこにいた!!しかも記憶を失っているらしい。

夫のビリーも、妻アンナがヨットから落ちて死んでしまった・・と思ってはいたものの、実は記憶喪失であることが判明。莫大な遺産が自分の元へ・・・と思ったビリーは、捜索願も出さず。って、これはひどいよね~。でも、アンナが死んだら遺産は自分には来ない!と知った時点で、なんとかアンナを取り戻そうとします。でも、サンシルは、自分が記憶をなくした時点で、誰も自分を探していないことに気がついていたのよね~。

チョルスはチョルスで、大事な工具を失った見返しに、自分の恋人だと言いくるめ、家政婦代わりにこきつかってやろうと家に連れて帰ります。え~と色々とつっこみどころ満載です037.gif

またしても記憶喪失ドラマ!!って感じだけど、このドラマって、そんじょそこらの記憶喪失ドラマとは違って、かなり面白かった。泣けた。笑えた。

5年前以上の韓国ドラマって、本当に記憶喪失ドラマが多くて、またですか!!と思ってましたが、それよりも、韓国では本当に記憶喪失者が多いのか?って思ったり。
でも、これは韓国の方達も同じ事思っていたようで、ここ最近のドラマでは、ほとんど記憶喪失ドラマを見かけることがなくなりました~。なんだか寂しい。。。

主役のハン・イェスルさん、初見だったんですけど、この高ビーな言いたい放題のわがままぶりがお見事で、そしてまた、記憶喪失後のナ・サンシルも最高の演技でした。ナ・サンシルって、「私は喪失」って意味なんですよ~。チョルスが勝手に名付けました(笑)。

まぁ、でも、財閥の奥様で綺麗に着飾っているときと、サンシルの髪ボウボウ、すっぴん状態で、洋服も10年前の流行遅れっていうものを着ているときの姿があまりにも違って・・・ここでも、かなり笑わせていただきました。チョルス宅で飼われていた犬「コッスン」のことを「犬」と呼んだり、チョルスを振っておきながら、また近づいてきたユギョンという女性には「花束女」と言ったり。

財閥奥様のときは、ジャージャー麺もマッコリも食したことはなかったアンナだったけど、サンシルとなってからは、ほぼ毎日の食事がジャージャー麺!

d0148729_21273971.jpg


サンシルになっても、相変わらずの毒舌で、チョルスの甥っ子たちも最初は怖がっていたけれど、彼女なりの子供達に対する優しさ?で、段々と家族のようになっていく様子がほのぼの~でした。記憶が戻ったアンナが甥っ子たちに別れを言いにきたとき、みんな泣きじゃくってしまって・・私まで泣いちゃったわ~。

d0148729_21263452.jpg


そして、この作品での最優秀脇役賞・・のカンジャ。
ちょっと知的障害がある女性で、最初、アンナことサンシルも煙たがっていたものの、あとでは彼女の前では素直な自分になっちゃったりして。

d0148729_22575288.jpg


このカンジャ演じるチョン・スヨンさん、本当にお見事な演技。
彼女を初めて知ったのは、「僕の妻はスーパーウーマン」で、ヘンテコな占い師ファジャ役で出演しておりました。このときも、どこか不思議な光線をはなっていて・・ただものではない!と思ってましたが(笑)、「シティホール」というドラマでは、テキパキ働く公務員役で、この女優さんって、百面相だわ~と思ってました。



とにかく、可愛いカンジャ。彼女のおかげで、いつまでも氷のように素直になれないアンナ=サンシルだったけど、カンジャに「チーン」と身体をタッチしてもらったおかげで、チョルスの元へもどることができました。

このドラマ、また再放送があったら、是非みたいドラマです。




ジャージャー麺って一度しか(しかも熊本の韓国料理屋さんで)一度しか食べたことないんですが、見た目と違って、美味しかった~んです。食べたくなった~~。


[PR]

by chelsea26 | 2011-05-14 23:36 | 韓国ドラマ