韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」

d0148729_23323150.jpg


あらすじ(KNTVより)

若くしてロエルデパートのCEOを務めるキム・ジュウォンは、母方の一族が大事業家という、いわゆる“御曹司”。ハンサムで、アメリカの一流大学を卒業し、広大な邸宅に住んでいる。週にたった2回しか出勤せず、エレベーターではなくわざわざエスカレーターで出勤することから、デパートの従業員からはしばしば白い目でみられるが、経営判断は鋭敏。一見したところ、付け入る隙は全くない。隙があるとすれば、日本、中国を席巻する韓流スターである従兄のオスカーに対する異常なまでのライバル心。趣味も車も女も、オスカーに負けることは、彼にとって容認しがたいことだった。ある日、ジュウォンは、オスカーに自分のデパートのイメージキャラクター契約を結ばせるため、交換条件として彼がトラブルを抱えている女優と交渉すべく撮影現場を訪れるが、スタントの女性を、その女優だと勘違いしてしまう。間違えられたスタントウーマンのキル・ライムは、オスカーのファンで、たまたま撮影で一度共演したことがあったため、勘違いに気付かないジュウォンはライムとオスカーの仲を誤解。ライムに対して失礼な発言を連発し、2人の出会いは最悪に近い形で始まる。しかし、ジュウォンはなぜかライムのことが片時も頭から離れず、いつしか彼女の姿を追うようになっていく。一方、ジュウォンと見合いをしたスルは、学歴、家柄ともに申し分なく、何不自由ない生活だが、“暇つぶし”でCF監督をしている。彼女にとって芸能界で華やかな交流を持つことは、元恋人オスカーへのあてつけである。ある日、「ロエルデパート主催・オスカーと行く済州島ツアー&MV撮影見学」で、ジュウォンとオスカーとライム、そしてスルは済州で鉢合わせ。オスカーとジュウォンが意地の張り合いから始めたマウンテンバイクの競争に割り込んで参加したライムは、途中で道に迷ってしまう。ライムの身を案じて捜しに来たジュウォンとライムは、怪しげな食堂にたどり着く。そこで休憩した2人は、女店主から自家製の酒をもらってホテルに帰る。その夜、それぞれに貰った酒を飲んで寝るが、翌朝、彼らは驚愕の事態に直面することに。 “俺がアイツ”、“アイツが私”になっていたのだ…!!


男女の魂が入れ替わるファンタジーラブコメディってことで、どうなんでしょ?と思いながら、見始めたら、これが面白い!!!

あと2話で終了なんですが、ここにきて、またまたとんでもないことが!!
さて、最終回はどんな結末になるんでしょう??

話はちょっと変わりますが、水曜日の昼2時過ぎから、こちら九州はものすご~~い雷雨となりました。家に帰って、さて録画していた韓国ドラマを見ようとしたら・・・ブルーレイディスクの電源が入らず、そして地デジ3チャンネルが真っ黒画面・・なぜかBSとスカパー!は普通に見ることができました。

もう、ショック~~で、「カスタマーセンター」に電話したら、「コンセントを抜いて、また電源を入れてみて、それでも電源が入らなかった故障だと思われますので、購入した電気店に持って行ってください」とのこと。コンセント抜いて、また電源いれてみても全く動かず・・・。しかも、雷が原因の故障は保証外となりますですって!

あ~そういえば、テレビとブルーレイディスクって、別の電気店だったな~面倒だ~それにしても、ダビングしなかった番組がたくさんこの中に入ってるよ~、録画していた放送もまだ見てないのがあるよ~と、かなりショック!!

と、コンセントを抜いたまま、そのまま放置して、夜中に再び電源入れたら、

あら、まぁ、びっくり!!テレビもブルーレイディスクも元通りになりました。

あ~~よかった。

火曜日に「シークレット・ガーデン」の最終回があるというのに、しかも午前9時半から。
午前中、仕事を休もうか・・・まで考えていた私(笑)。
最終回だけ見られないなんて悲しいじゃありませんか~!!仕事より大事な韓国ドラマ053.gif

ブルーレイディスクも今年2月に買ったばかりで、いまだに録画しっぱなしで、ダビングしたことないので、やり方さえ知らないんですが・・・そろそろ大事な番組は保存しようと思います。


でもって、「シークレット・ガーデン」なんですが、

最初見たとき、びっくりしました~。ヒョンビンが激やせしているんですもん。
母でさえ「この男優さん、誰?」って言うので「キム・サムスンに出ていた人だよ~」と教えてあげたら「痩せすぎて、顔が全然違う!」とびっくりしてました。

今回の役柄も、キム・サムスンの時のサムシクと同じく、御曹司なわけなんですが、今回はデパートの代表ですからね~。規模が違います。それにしても、また平民を見下した態度や言い方・・かなりひどいもんですが、なんだか韓国ドラマに出てくる御曹司とやらは、もう住んでる世界が違いますからね~仕方のないことかも?って、現実にたくさんいるんでしょうね~御曹司!

御曹司なんだけど、普段着は「イタリアの職人が一針一針丹誠込めて仕立てた」というブルーのスパンコールのジャージ。しかも、高価なものだと誰も信じないので、タグまで見せつけちゃう(笑)。

d0148729_2357044.jpg


このドラマでは音楽がよく流れるんですが、これまた素敵な曲ばかり。OST久しぶりに買っちゃおうかな~。


















こちらヒョンビン自身が歌った挿入歌「その男」




魂が入れ替わったヒョンビンは、もちろんハ・ジウォン演じるライムという女性になるため、モジモジした仕草や口調が何とも可愛らしい~。
魂も雨が降れば元にもどり・・と、自分と相手の身体を行ったりきたり・・・で忙しいんですが(笑)、テンポよく展開していく内容とセリフの良さで、胸がキュンとなりました。
韓国ドラマの強さは、素晴らしい脚本家とドラマを盛り上げる音楽が見事にマッチしているからなんですよね~。日本の放送局も見習ってほしいわ~。


最初は、上流階級の自分が、スタントウーマンのライムに惹かれるはずがない・・と思っていたのに、頭のなかはライムのことばかり考えるジュウォン(ヒョンビン)。

不思議な呪文を唱えて、彼女のことを忘れようとするけれど・・ますます彼女への思いは募るばかり。
「キムスハンム コブギワトゥルミ サムチョンガプチャ ドンバンサク チチカポ サリサリセンタ ウォリウォリ セブリカン ・・・」日本で言う寿限無寿限無・・みたいなものらしいです。

あまりにもお金持ちすぎるので、ジュウォンの母が、ライムと息子の仲を邪魔するんですが・・この母親恐すぎ~。何でもお金で解決しようとるするのが嫌だわ~。いくら、彼氏が良い人でも、こんな義母じゃ幸せにはなれないわ!って思っちゃう。

可愛らしい格好してますが・・・とっても恐いジュウォンの母

d0148729_0143313.jpg


ジュウォンの従兄弟で、韓流スター、オスカーをユン・サンヒョンが演じています。
ジュウォンとは、いつも口げんかをする仲なんですが、お互い言いたいことを言い合って、何気にお互い気配りしている姿が微笑ましい~。

ライムが所属しているアクションスクールの武術監督をしている人は、今回初見のイ・フィリップさん(一番上の写真の真ん中の方)という方なんですが、劇中話す英語もペラペラで何者?と思っていたら、米ボストン大学ジョージワシントンのIT関連学科を卒業した秀才なんだそうです。父上は、アメリカでIT企業を経営する会長で、彼こそが本物の御曹司だそうですよ~。

このドラマ終了後、今年3月から海兵隊に入隊したヒョンビン氏。
2年後、また一層素敵な青年になってカムバックしてくることでしょう~。

d0148729_0292630.jpg

[PR]

by chelsea26 | 2011-07-16 00:53 | 韓国ドラマ