美味しい春!

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る・・とは、よくぞ言ったもので、まさに
そのままの慌ただしい毎日です。

ハッと気がつけば、今日はおひな様。
スーパーにはたくさんのちらし寿司やらおひな様セットのおかずが並んでおりました。

私が子供の頃は、大型スーパーやらコンビニなんて、当然無かった時代で、今のように、おひとり様用のお総菜やらお寿司セットなんて売ってなくて、ほとんど手作りだったんですよね~。昔の主婦もしくは女性は色々と大変だっただろうな~。

で、とりあえず・・・美味しそうなものをカゴにポンポンと入れました037.gif
はい・・私も作る気はほぼございません029.gif

この時期はやっぱり桜餅。こしあん派の私です。

d0148729_207472.jpg



こちらは、熊本県産の「紅ほっぺ」というイチゴ。とにかく大きい。甘くて美味しかったです。

d0148729_2074461.jpg



こちらは、熊本名物「いきなり団子」。

d0148729_2092055.jpg


ウィキペディアによると、

輪切りにした生のサツマイモを小麦粉を練って平たく伸ばした生地(団子)で覆い隠す様に包んでいき、蒸し器等で蒸かしてそのまま食べる菓子である。

地元の方言(熊本弁)では「いきなりだご」とも言われている。

名称の由来は短時間で「いきなり」作れると言う意味と、来客がいきなり来てもいきなり出せる菓子という意味と、生の芋を調理する「生き成り」(いきなり)と言う語句の意味が重なっていると言われる。別の言われとして、熊本の一部地域では今でも片付けが苦手な人をいきなりな人と言う。転じてざっとしている事を意味し、ざっと作れる菓子との説も有る。また「いきなり」とは地元の古い方言で「簡単」という意味があり、いきなり団子、とは「簡単に作れる団子」の意ともされる。

地元では一般家庭に於いて伝統的に作られ続けるという菓子としては珍しい歴史を持つ。なお最近はサツマイモの上にアズキ餡(こしあん、またはつぶあん)を乗せ、そのまま包む製法が一般的になってきている。

って書いてありますが、いきなり来客があっても、作れませんって!(苦笑)。

これ、本当に美味しいです。熊本に来ることがあれば、是非食べてみてください~。
デパ地下や空港でも売っています。

d0148729_2011243.jpg



こちらは、「くりぃむしちゅー」の上田さんのお兄さんが経営されている「上田兄餃子楼」の餃子です。地元では、実業家、タレント、ラジオパーソナリティーとしても有名な方です。「上田兄餃子楼」も市内中心部にオープンさせたと思ったら、いつの間にか市内に4店舗!!
姪っ子1号が先日食べに行ったそうですが、安くてとても美味しかったそうです。
餃子や唐揚げはお持ち帰りができるとあって、20個買ってみました。20個で500円!安い!


d0148729_20181379.jpg



これは明日の夕食のお楽しみ~です。

d0148729_20184742.jpg

[PR]

by chelsea26 | 2012-03-03 20:24 | お出かけ&グルメ