カテゴリ:韓国ドラマ( 41 )

視聴済み韓国ドラマ一覧

これは私の備忘録です。


2003年にBSで「冬のソナタ」が放送され、韓国ドラマに嵌ってから・・早7年が過ぎました。

いつかは飽きるのか?と思いつつも、全くそういうこともなく、やっぱり韓国ドラマは面白い!

これだけのドラマ・・1話60分として、私って韓国ドラマに使った時間は???005.gif



現在視聴中のドラマ

結婚してください
トンイ
サンド(商道)
女人天下
シティホール
美男〈イケメン〉ですね


♪印は、OST(オリジナルサウンドトラック)を購入済み
☆は5点満点の私の勝手な評価。


【あ行】

愛と野望(全81話)♪ ☆☆☆
愛に狂う(全16話)☆☆☆
愛の群像(全42話)♪ ☆☆☆
アイリス(全20話)☆☆☆
秋の童話(全18話)♪ ☆☆☆☆
アクシデント・カップル(全16話)♪ ☆☆☆☆☆
アジュンマが行く(全162話)☆☆☆  
あなた、そして私(全58話)☆☆☆☆
あなたは星(全196話) ☆☆☆☆
兄嫁は19歳(全16話)☆☆☆
ありがとうございます(全16話)☆☆☆☆☆
怪しい三兄弟(全70話)♪☆☆☆☆
家に帰る道(全120話)☆☆☆
イ・ジェマ(全30話)☆☆☆
イヴのすべて(全20話)☆☆☆
インスンはきれいだ(全16話)☆☆☆
美しい時代(全149話)☆☆☆
美しき日々(全24話)♪ ☆☆☆
王と私(全63話)♪ ☆☆☆☆
エデンの東(全56話)♪☆☆☆
怒った顔で振り返れ(全16話)☆☆☆
おはよう神様(全16話)♪ ☆☆☆☆
オールイン(全24話)♪ ☆☆☆☆
オンエアー(全20話)☆☆☆☆

【か行】 

母さんに角が生えた(全66話) ☆☆☆☆☆
カクテキ(全44話) ☆☆☆
風の絵師(全20話)♪ ☆☆☆☆
悲しき恋歌(全20話)♪ ☆☆☆
彼女が帰ってきた(全16話)☆☆☆
彼女がラブハンター(全16話) ☆☆☆
変わった女、変わった男(全170話) ☆☆☆ 
乾パン先生とこんぺいとう(全16話)♪ ☆☆☆☆
キツネちゃん、何しているの(全16話) ☆☆☆☆
強敵たち(全話16話) ☆☆☆☆
クァンキ(全36話) ☆☆☆
グッキ(全20話) ☆☆☆☆☆
グッバイ・ソロ(全16話) ☆☆☆☆
宮(Love in Palace)(全24話)♪ ☆☆☆
グラウンド・ゼロ(全2話)☆☆☆☆
外科医ポン・ダルヒ(全18話)☆☆☆☆
結婚できない男(全16話)☆☆☆☆
ゲームの女王(全20話)☆☆
恋するハイエナ(全16話)☆☆☆
故郷駅(全174話)☆☆☆
コーヒープリンス1号店(全17話)☆☆☆☆
ごめん、愛してる(全16話)♪☆☆☆☆

【さ行】

白雪姫(全16話)☆☆☆
12月の熱帯夜(全17話)☆☆☆
18・19妻が突然18歳?(全16話)☆☆☆
純粋の時代(全16話)☆☆☆
白い巨塔(全20話)♪ ☆☆☆☆☆
新貴公子(全16話)☆☆☆
真実(全16話)☆☆☆
新入社員(全20話)☆☆☆
スカイハイ(全19話)☆☆☆
砂時計(全24話)☆☆☆☆☆
銭の戦争(全20話)☆☆☆☆
糟糠の妻クラブ(全104話)♪☆☆☆☆☆
ソウル1945(全71話)♪☆☆☆☆
ソドンヨ(全55話)♪☆☆☆☆
ソル薬局の息子たち(全54話)♪☆☆☆☆☆
善徳女王(全62話)♪☆☆☆☆☆

【た行】

太陽に向かって(全20話)☆☆☆
太陽の女(全20話)♪☆☆☆☆☆
茶母(チュオクの剣)(全14話)♪☆☆☆☆
チュノ(全24話)♪☆☆☆☆
朱蒙(チュモン)(全81話)♪☆☆☆☆
大長今(チャングムの誓い)(全54話)♪☆☆☆☆☆
テジョヨン(全134話)♪☆☆☆☆
テロワール(全20話)♪☆☆☆
天国の階段(全20話)♪☆☆☆
トマト(全16話)☆☆☆
止まらぬ愛(全19話)☆☆☆

【な行】

憎くても可愛くても(全172話)☆☆☆
憎くてももう一度(全24話)☆☆☆
二度目のプロポーズ(全22話)☆☆☆

【は行】

バカな愛(全20話)☆☆☆
パスタ(全20話)☆☆☆☆
初恋(全66話)♪☆☆☆☆
花いちもんめ(全16話)☆☆☆☆
花咲く春には(全16話)♪☆☆☆
花より男子(全25話)♪☆☆☆☆☆
バラ色の人生(全24話)☆☆☆☆☆
波乱万丈、ミス・キムの10億作り(全16話)♪☆☆☆☆
バリでの出来事(全20話)☆☆☆☆
パリの恋人(全20話)♪☆☆☆
春の日(全20話)♪☆☆☆
春のワルツ(全20話)☆☆☆
火の鳥(全26話)☆☆☆
ビフォア&アフター整形外科(全12話)☆☆☆
秘密(全18話)♪☆☆☆
白夜3.98(全18話)♪☆☆☆☆
復活(全24話)♪☆☆☆☆
ブドウ畑のあの男(全16話)☆☆☆☆☆
冬のソナタ(全20話)♪☆☆☆☆☆
プラハの恋人(全18話)♪☆☆☆
不良カップル (全16話)☆☆☆☆
ブルーフィッシュ(全16話)☆☆
海神(全51話)♪☆☆☆☆
ベートベン・ウィルス(全18話)☆☆☆
勉強の神(全16話)☆☆☆
宝石ビビンバ(全50話)☆☆☆☆
僕の妻はスーパーウーマン(全20話)♪☆☆☆
星に願いを(全16話)☆☆☆
星を射る(全16話)☆☆☆☆
ホテリア(全20話)♪☆☆☆☆
ホジュン(全64話)♪☆☆☆☆☆

【ま行】

マイガール(全16話)☆☆☆☆
マイスイートソウル(全16話)☆☆☆
魔王(全20話)♪☆☆☆☆
魔女ユヒ(全16話)☆☆☆
戻ってきて、スネさん(全16話)☆☆☆

【や行】

雪の女王(全16話)♪☆☆☆
ヨメ全盛時代(全52話)☆☆☆

【ら行】

ラスト・スキャンダル(全16話)☆☆☆☆
ラストダンスは私と一緒に(全20話)☆☆☆
ランラン18歳 (全16話)☆☆☆
輪廻(NEXT)(全14話)♪☆☆☆
恋愛時代(全16話)♪☆☆☆

【わ行】

私たちを幸せにするいくつかの質問(全2話)☆☆☆
私の男の女(全24話)☆☆☆
私の名前はキム・サムスン(全16話)♪☆☆☆☆☆
別れの法則(全16話)♪☆☆☆
[PR]

by chelsea26 | 2011-01-02 23:10 | 韓国ドラマ

韓国ドラマ「トンイ」

d0148729_19141768.jpg



どんなに忙しくても韓国ドラマ視聴だけはやめられません。
今、一番はまっているのが、KNTVで放送されている韓国時代劇「トンイ」。



あらすじ(KNTVより)

時代背景 粛宗7年(1683年)~英祖即位年(1724年)

1.英祖(朝鮮王朝第21代王)の生母であり、粛宗(第19代王)の妃であった<最下層の身分>出身の淑嬪崔氏の波乱万丈の生涯と、英祖の成長過程をドラマ化。

2.建国300年にして初めて、王権を確立した絶対君主の粛宗。
西人と南人が執権と実権を反復しながら、政治闘争を重ねていた時代。
まさにそんな時代に、はしため端女から内命府の最高品階に上った淑嬪崔氏は、生と死が同居する殺伐とした朋党政治の渦中で、自分を律し、用意周到に行動し、我が子と自分の命を守った。そして、愛とむち鞭で延礽君を厳しくしつけ、王位に就かせた。また、幼いながら、自分の立場をわきまえて、常に沈着さと、賢明さを失わなかったヨンイン延礽グン君(後の英祖)。
300年の時を超えて、青少年期における母の愛情と教育が、いかに大切かを伝えてくれる。

3.『許浚』では医術を、『商道』では商術を、『宮廷女官 チャングムの誓い』では料理を紹介し、また『イ・サン』では図画署を通して、朝鮮美術を紹介した。新ドラマ『トンイ』では掌楽院を舞台に設定して、雅楽、郷楽、唐楽に区分される、朝鮮の華麗で優雅な音楽世界を紹介する。一般にはなじみの薄い国楽を、分かりやすくビジュアル化して紹介する。

4.王朝時代の身分階級の中で、最下層に位置する<最下層の身分>。
人間として最小限の価値さえも認められないまま、財産の交換価値としてのみ評価されていた彼らの生きざま。18世紀中盤の身分制度社会の矛盾と劇的な変化を、<最下層の身分>出身の主人公を通して、生き生きと描く。
また、ビョンジャ丙子ホラン胡乱のあと、疲弊した人々の暮らしのなかで、最も深刻な社会問題として浮上した、<最下層の身分>たちの実存地下組織である、剣契、殺主契の実態を初めて取り上げる。

5.この時代の実在人物であるチャンヒビン張禧嬪とイ仁ニョン顕ワン王フ后。
キサファングク己巳換局とカブスルファン甲戌換グク局という政変による、王妃たちの権力闘争と愛憎は、何度もドラマなどの素材に取り上げられているほど深淵なストーリー。これらのエピソードが、ドラマ展開に深みを与える。





なんといっても、あの「チャングムの誓い」のイ・ビョンフン監督作品だけあって、これが面白いのなんのって!!
毎回、主人公が危険にさらされながらも・・上手く脱出していく課程が何とも素晴らしい。
脚本家の方も、よくもまぁ、これだけのエピソードを考えるものだわ~と感心してしまいます。

でも、見ている側としては、毎回ハラハラドキドキ。後先考えず、一人で行動してしまう主人公に「ほらほら、出かけるなら、信頼出来る人に行き先を言いなさいよ!」と言ってしまいたくなります(笑)。

このドラマには、朝鮮三大悪女の一人チャン・ヒビンがトンイの敵役として登場します。
トンイとの最初の出会いは良かったのにですね~。段々と本性があらわれてきました。

チャン・ヒビン演じるのは、トンイ役のハン・ヒョジュさんと共演した「春のワルツ」でライバル役を演じたイ・ソヨンさん。美人な人って、案外悪役が多いんですよね~。

d0148729_19273723.jpg


第19代王を演じるのはチ・ジニさん。この王様が、なんとも憎めないというか可愛らしい王様なんですよ。女性を見る目はあったのか?なかったのか??ですけど。

d0148729_19302089.gif


こちらは、トンイをあたたかく見守る実の兄のようなチョンスを演じるペ・スビンさん。
この方を最初見たのは「海神」でしたけど、最後の方で、登場してきた悪役だったんですが、そりゃもうかなり冷血な人間でして・・良いイメージは持っておりませんでした。
それよりも、この韓国時代劇「海神」の最終回は衝撃でした~。なんといっても、最終回の放送が始まって、15分後に、主人公が殺されて・・・このペ・スビンさん演じるヤンに主人公側の人間がほとんど殺されるという結末・・・(涙)。しかも、主人公よりもヨンムン演じたソン・イルグクさんの方が美しい死に方だったような。

そしたら、次は、「朱蒙」で、ちょっと中性的なサヨンを演じていた彼。いやぁ、あの流し目は良かったわ。「風の絵師」では、きりっとした王様も演じておりました。
役柄によって、全く違う顔に見えちゃうのがすごいですね~。

d0148729_19315078.jpg


そして、この間から登場したこの彼!!

d0148729_19443224.jpg


ほらほら・・誰かに似ていませんか??

平安北道義州で島流しの暮らしをしているときに、偶然トンイと知り合い、彼女を助けていくという青年シム・ウンテク役を演じているキム・ドンユン氏です。

1980年8月30日生まれ。182センチ。A型。

パク・ヨンハさんにそっくりですよね~。韓国でもそう言われているそうです。パク・ヨンハさんとは「いつか、兄弟の役をしたい・・」などとも言っていたようです。

キム・ドンユン氏は、新人ではなく、すでに10年の芸歴なんだそうです。こういう人を韓国では「中古新人」と言うのだとか・・(笑)。
今までドラマなどでは見かけませんでしたが、あの大物デザイナー、故アンドレ・キム氏の舞台では最多出演芸能人なんだそうです。これからの活躍が期待されますね~。

d0148729_19504188.jpg



トンイで流れる音楽も素敵です。



[PR]

by chelsea26 | 2010-11-03 20:00 | 韓国ドラマ

韓国ドラマ「花より男子」

d0148729_20555291.jpg


今更ながら・・韓国版「花より男子」を視聴しています。
日本版、台湾版も見たことがなく、漫画も読んだわけでもないのですが、韓流チングN嬢ご推薦のドラマということで、ちょうどスカパー!での放送が始まったので、見始めたら・・・

はまりました!

1話目はちょっとあまりのイジメのひどさに・・引き気味だった私なんですが、F4のイケメン王子様のかっこよいこと!!高校生の設定には???ってな感じなんですが。

日本版ではどうだかわかりませんが、消化器ぶっかけたり、自転車燃やすっていうのは、イジメではなくて、犯罪じゃないでしょうか??と思ったシーンもありましたけど。

あらすじ

一般庶民家庭の平凡な女子高生の牧野つくし(ジャンディ)はひょんなことから金持ち学校・神話学園に奨学生として編入することに。
だが、正義感の強いつくしは学園を掌握する財閥子息4人組「F4」の横暴な行動に憤慨し宣戦布告。彼らの標的となる。そんな中でつくしをピンチのたびに救い出したのが花沢 類(ジフ)だった。
F4なのに他の3人とは違った雰囲気を持つ類につくしは恋心を抱くが、彼の心には初恋の女性、藤堂 静(ソヒョン)がいた。
一方、F4のリーダー、道明寺 司(ジュンピョ)は果敢に立ち向かってくるつくしに惹かれ猛アタックを開始。彼の一途な愛につくしも心が動くが、2人の前には司の母親の反対、類との三角関係など様々な障害が待ち受けていた…。


やっぱり、最初は何と言っても、花沢類演じるジフに誰もが目を奪われるはず!
っていうか、あの柔らかな笑顔と視線、しぐさは、まるで冬ソナのチュンサン&ミニョンだ~!

d0148729_2124511.jpg

ユン・ジフ役=キム・ヒョンジュン(SS501のリーダー)

d0148729_2134840.jpg

ク・ジュンピョ役=イ・ミンホ
最初、かなりのわがままさにあっけにとられてみていましたけど、ジャンディに出会ったことで変わってきた彼がこれまた可愛い~。

d0148729_218446.jpg

この髪型・・変!だと思っていたら、子供時代の彼もこんな髪型なので、癖毛ってことなんですね。

d0148729_2194089.jpg

ソ・イジョン役=キム・ボム 天才陶芸家ってことで、クールなイメージ。
「エデンの東」では、貧乏な少年役だったので、ガラリと違ったイメージに最初は気がつかず・・。

d0148729_21112824.jpg

ソン・ウビン役=キム・ジュン。俳優さんだと思っていたら、T-MAXという男性グループの一人。
F4の中ではあまり目立たない役だけど、メンバーを思いやる優しい人物。

まだ11話までの視聴なので、この先25話の最終回までどうなるのか、とっても楽しみ!
でも、60分~70分の放送時間のはずなのに、46分程度にカットされているので、途中、話が飛んで飛んで・・・わからないところが多々あり!

いつかDVDを借りて、ノーカット版をしっかり見たいと思います。

SS501が歌うこの歌がとっても良いのです。




こちらはT-MAXが歌う主題歌



N嬢お気に入り!ヒョンジュン君がうたう「僕の頭が悪くて」



ヒョンジュン君の魅力は、このユン・ジフと素のヒョンジュン君が180度違うってこと~037.gif



このドラマで、一番怖い~役を演じているジュンピョの母カン・ヒス役=イ・ヘヨンさん。
もう彼女に睨まれたら・・・ゾゾ~ッとしますわよ。いくら好きでも姑がこれでは考えちゃうわ。

d0148729_212721100.jpg

[PR]

by chelsea26 | 2010-09-26 21:29 | 韓国ドラマ

韓国ドラマ「勉強の神」

d0148729_2131921.jpg


視聴中だった韓国ドラマがここ最近最終回を迎えております。

最終回で涙する私って・・・年をとったせいなのか??008.gif

「勉強の神」は、日本のドラマ「ドラゴン桜」のリメイク版だそうです。
私は未見なので、比較はできませんが、最後まで楽しく見ることができました。



とはいえ、高校生がメインのドラマって、きっと日本のドラマじゃ見ないけど、
なんで韓国ドラマだと見たくなっちゃうんだろう??
それは、やっぱり脇役の方たちのエピソードも面白いからかな~。
日本のドラマって10回~12回前後で終わっちゃうし、しかも中身は45分程度。
でも、韓国ドラマは最低でも16回、しかも60分前後も放送があるから、
主役以外のエピソードも楽しめるんですよね~。

主役は元ヤンキー?で弁護士のチャン・ソクホ氏。
キム・スロさんという俳優さんは初めてでしたが、イケメンじゃなくっても、これがまたとっても魅力的でございました。ペ・ドゥナさん演じる英語の先生ハン・スジョン先生も、生徒から愛される可愛らしい先生。ついこの間まで、彼女が生徒役って感じでしたけど、先生役もぴったりでした。

生徒役のペクヒョン演じるのがユン・ソクホ君。
映画「おばあちゃんの家」で小憎らしい子供を演じていましたが、こんなに格好良く変身しちゃいました。

d0148729_2145969.jpg


そして、ダンス大好き少年チャンドゥ演じるのがイ・ヒョヌ君。この子の笑顔がまた可愛いの~。

d0148729_216326.jpg


ドラマ「善徳女王」のイケメン子役二人です。

落ちこぼれの学生5人が、最終的に天下大学に合格するのかどうか・・・って事でしたけど、
いい大学に入るため、大企業に就職するための勉強じゃなくて、真の勉強とは何かってことを
さりげなく教えてくれたソクホ弁護士と特進クラスの先生たち。








学生時代、本当に嫌で嫌で勉強していた私・・。
こんな先生に出会えていたら、違った未来を歩んでいたかもな~。なんちゃって。
私も死ぬ気になって、一生に一度くらい勉強すればよかったな~。後悔ばかりです。
でも、社会人になっても違った意味で勉強しつづけなきゃいけないんですよねぇ。
[PR]

by chelsea26 | 2010-07-11 21:12 | 韓国ドラマ

韓国ドラマ「僕の妻はスーパーウーマン(内助の女王)」

d0148729_21531181.jpg


今密かに楽しみに視聴している韓国ドラマ「僕の妻はスーパーウーマン」。
韓国でのタイトルは「内助の女王」。2009年韓国で放送されました。



あらすじ(KNTVより)

ジエはずば抜けた美貌の持ち主。彼女に言い寄ってくる男たちは数知れず。男を選びたい放題だったジエ。しかし、ジエには夢があった。それはシンデレラになること。仕事で成功した男と結婚すれば、自分が努力しなくてもお姫様になれると信じていたのだ。彼女はシンデレラになるために、あまたいる男の中から、慎重に慎重を重ね、将来有望の王子ダルスを選び抜いた。しかし!蓋を開けてみると、ダルスは何もできないダメ亭主。落ち込むジエに追い討ちをかけるように知らされた事実。それは、学生時代、ジエにこき使われていたボンスンがエリートを捕まえ、シンデレラになっていたのだ。真逆の立場になったジエを見てほくそ笑むボンスン。
ジエはダメ亭主ダルスをエリートに仕立て上げるために、一大プロジェクトを立ち上げた!見栄もプライドも捨ててやる!卑劣だろうと汚い手を使うと言われても構わない!夫の成功のためなら内助の女王になってやる!でも、内助ってどうやるの?ジエのダメ亭主改造計画がスタートした。男性の地位が女性の価値を決める。女性がどんなに優れていても、夫に力が無ければ首をすくめて生きるしかない非合理で非論理的な社会。そんな社会構造の中で意気消沈するダメ亭主を再教育して、人生挽回を図る一人の女性のサクセスストーリーが始まる。


このドラマ、30代後半?の夫婦を対象にしたものなんですが、始まりは、高校生活・・・。
普通、こういう場合、子役を使うのだけど、何と、このドラマ、現在30代(40に近い方も!)が高校生役を演じております。もう~ちょっとあり得ない高校生だったけど、いそうでいなさそうで微妙な感じが笑えました。ジエ演じるキム・ナムジュさんだって1971年生まれ。あっぱれ!

日本で30代の主婦ドラマといえば、ドロドロ不倫(韓国にももちろんありますが)、姑にいびられるって内容が多いけど、こういう明るいラブコメも作ってほしい~。




美人でモテモテだったジエとブスの代名詞だったボンスン。
高校時代のジエはかなり意地悪な女で、そりゃ、ボンスンだって復讐したくなりますわな。って感じ。
ちなみに、ボンスン演じるイ・ヘヨンさんといえば、ヨン様ドラマ「初恋」にも出てましたけど、結構好きな女優さんです。この方が演じた高校生は違和感なかったな~(笑)。1973年生まれですって005.gif

d0148729_223491.jpg


ジエの旦那ダルスは頭はいいのに、なぜか仕事が続かず、やっと就職(臨時職員として)できたのがボンスンの夫が上司という設定。しかも、ボンスンは、ジエが学生時代につきあっていた男と結婚。まぁ、これはボンスンの罠に男性がひっかったみたいなものでしたけど。

3ヶ月の臨時採用のあと、正社員になれるかどうかは、上司の奥様たちへのごますりで決まる!と知ったジエは、あの手この手で、上司の奥様たちに気に入られるようにするのですが・・。

これをボンスンが邪魔しようと企てる・・と先の読める内容なんですが、フフッと笑えるドラマなんです。

友人、知人の話を聞いたところによると、社宅っていうものは、家賃は安いというメリットはあるものの・・そりゃものすご~い複雑な人間関係が渦巻いているようでして。。。
このドラマでも出てきますが、やっぱりいるんですよ。旦那が偉いと、妻も偉いと勘違いする人が。

韓国ドラマは、よくカメオ出演が話題になりますが・・このドラマでもジエの実の夫、キム・スンウ氏が第3話で、ダルスが橋の上で自殺騒動を起こし、それを説得する警察官役で登場してました。
ジエが現場に到着したとき、スンウ氏が「どこかで会ったような気が・・」なんてセリフもあったりで。

d0148729_22271233.jpg


こちらは、このドラマでブレイクした遅咲きの俳優、ユン・サンヒョン氏。1973年生まれ。
韓国のキムタクと言われているらしいです。元々歌手になりたかったそうで、歌も上手い!
ダルスの勤める会社の社長役で出演しています。

d0148729_2246310.jpg





こちらは中西保志さんのカバー曲「最後の雨」



やっぱり歌唱力がある人は、語学にもたけているんですね~。外国人が歌っている日本語とは思えない!

まだまだ、これから先、ジエには苦難が待ち受けているようですが、最後はハッピーエンドなのかしら??楽しみです。


[PR]

by chelsea26 | 2010-05-17 22:51 | 韓国ドラマ

韓国ドラマ「パスタ」

d0148729_212096.jpg


スカパー!のKNTVで土日に放送されている韓国ドラマ「パスタ」。




イタリアンレストラン「ラスペラ」で厨房の補助として働いて3年になるユギョン(コン・ヒョジン)。ついにシェフになる夢が膨らむ。ユギョンは偶然にも横断歩道の前でヒョヌク(イ・ソンギュン)にぶつかり…。

最初はとっても良い人かと思いきや・・・ユギョンが働くレストランのシェフとして現れる。
いきなり、「この厨房に女性はいらない!」と暴言はきまくり、女性スタッフを全員解雇。
それでも居座るユギョンに対して、何としてでも辞めさせようとするヒョヌク。

いやぁ、びっくりしました。イ・ソンギュン氏の変貌ぶりに・・005.gif
「白い巨塔」「コーヒープリンス1号店」では、とても優しいイメージの男性ばかりを演じていたのに・・。今回、ベートベンウィルスのカンマエ以上に口が悪いではないですか!!

でも、やっぱりあの声にはしびれます~053.gif

イタリア帰りのシェフってことで、イタリア語を話すシーンもあるのですが、(よくわからないのだけど)ペラペラって感じでしゃべってる!

韓国ドラマはなぜだか海外での撮影シーンも多く、しかも英語圏以外の国という設定でも、出演している俳優、女優さんは、その国の言葉を片言って感じではなく、本当にネイティブのように話すシーンがたくさんあります。日本のドラマじゃあまり見られませんよね~。

一番上の写真の右の方は、クラジクワイのアレックスさん。ドラマ「私の名前はキム・サムスン」のテーマ曲を歌った人です。音楽以外にも演技にも挑戦しちゃってます。
それが、なかなか上手いのですよ。この方!ちょっとお顔は、カンマエ演じたキム・ミョンミン氏の弟って感じ~。

女性スタッフを辞めさせた後、イタリア帰りの料理人3人を新しく雇ったのですが、これがイケメン勢揃いでして・・。

特に、フィリップを演じているノ・ミヌ君。1986年5月29日生まれ。

d0148729_2134274.jpg


アレックスさん演じるキム・サン氏は、実はイタリアンレストランの社長。
今のところ、まだ身分を隠しているようですが・・。
そのキム・サン氏の姉がどうやら、このフィリップ君をねらっている模様・・・037.gif

お料理している姿がただものではない!!と思ってみていましたが、この方、実は、TRAXというバンドのドラマーだったそうで、フライパンや調理器具を持つ手さばきが見事なのです。
日本でも3年ほど活動していたときに自炊をして、お料理も覚えたのだとか。

このドラマを見終わったあと、無性にパスタが食べたくなる私なのでした。



こちらはクラジクワイが歌っている挿入歌です。






ドラマの中で流れていたこのメロディ・・・どこかで聞いた曲とおもったらアイルランド民謡「The Minstrel Boy」。歴史的にみると悲しい歌なのだけど・・。このメロディ一度聞いたら忘れません。



アイルランドの有名なバンド「The Corrs」が演奏するThe Minstrel Boyも素敵です。


[PR]

by chelsea26 | 2010-05-09 00:03 | 韓国ドラマ

韓国ドラマ「推奴」(チュノ)

d0148729_2336415.jpg


韓国時代劇「善徳女王」の放送が終わり・・しばらくピダム廃人になっておりましたが、またまた新しい史劇が始まり、どっぷりとひたっております。

その名も・・「推奴」(チュノ)。



あらすじ(アジアドラマチックTVより)

奴婢に転落した朝鮮最高の武将、奴婢を追う狩人の推奴、その2人を愛した女奴婢の壮大な歴史劇。 裕福な両班 <ヤンバン:貴族階級> の家に生まれたテギル(チャン・ヒョク)は召使で奴婢 <ヌヒ:奴隷> のオンニョン(イ・ダヘ)と密かに愛をはぐくんでいた。しかし、奴婢の身分に我慢できなくなったオンニョンの兄、クンノムが火を放ち、オンニョンを連れ逃亡する。
そして8年が経つ中、テギルはオンニョンを捜すうちに奴婢を追う推奴〈チュノ〉になっていた。一方、かつて朝鮮最高の武将と言われたテハ(オ・ジホ)は友人の裏切りにより奴婢に。そして、ある日、丙子胡乱の際に清国に人質として捕えられ苦労を共にした昭顕世子(第1王子)からの手紙が届く。それを見たテハは昭顕世子の息子ソッキョンを朝廷の陰謀から守るために逃亡奴婢となることを決意。テハはテギルに追われることになるが、同じく逃亡中のテギルの初恋の相手オンニョンはヘウォンと名を変え、テハと行動を共にすることになるのだが・・・


第一話を見終わったあとは、あまりにも暗く・・悲しい内容だったので、視聴を辞めようかと思いましたが・・何と言っても、チャン・ヒョク氏演じるテギルのかっこいいこと!!

そのほかにも、オ・ジホ氏演じるテハ、テギルの兄貴のようなチェ将軍、弟のようなワンソニ・・・みんな顔は小さいのに身体鍛えてます!!

このドラマを日本でリメイクといっても、今の20代、30代の役者で出来る人がいるんだろうか?って考えると、20代のころの真田広之さんくらいしか思い浮かばない・・・(苦笑)。

それにしても、1600年代には、韓国には奴婢と呼ばれる身分制度があったらしい。国や個人が所有する奴隷のようなもので、仕事は当然きついので、ここから逃げだす人も多かったようだけど、捕まると、顔に「奴」という焼き印を付けられるんです。
でも、調べてみたら、日本にもこのような拷問があったのだとか・・・。人間って・・恐い生き物。

このドラマは、映画用のカメラで撮影しているそうで、スローモーションやアクション、韓国の風景がとても美しく映し出されています。

時代劇というと、王様、偉人のお話が多い中、こういった闇の部分をドラマ化しちゃう韓国のテレビ局もあっぱれ!だと思います。

そして、またまたこのドラマで使われている音楽が素敵なこと!










このテギル役には、カン・ジファン、コ・ス、イ・ジュンギなどが候補に挙がっていたようですが、コ・スやイ・ジュンギは他の番組を選んだため出演を断ったそうですが、蓋を開けてみれば、この推奴の視聴率がよかったので、かなり悔しい思いをしているのではないか・・って書かれてました。カン・ジファンさんは、事務所が多額のお金を要求したので断られたとか何とか??かわいそうに。

とにかく、このドラマは、地上波でも放送予定って書かれていたので、機会があれば是非見てくださいませ~。
[PR]

by chelsea26 | 2010-05-03 00:19 | 韓国ドラマ

韓国ドラマ「怪しい三兄弟」

d0148729_1821437.jpg


現在視聴中の韓国ドラマ(ネタバレあり)

「アイリス」
毎回ものすごい迫力シーンでびっくりさせられるんですけど、あとでよく考えると、はて?どうして?どうやって?と突っ込みたくなるシーンが多々あります(笑)。
ハンガリーで北朝鮮要人を射殺する任務に成功したものの、怪我をして、助けを求めるのに、なぜか上司や同僚から命をねらわれてしまうイ・ビョンホン氏演じるキム・ヒョンジュン。
しかし、謎の人物に助けられ、ハンガリーの病院へ入院。気がついたところで、病院を抜け出し・・いつの間にやら日本の秋田へ。。えぇ?どうやってハンガリー出国出来たねん。どうやって、日本に入国出来たねん。日本って、そんなに簡単に入国できますの??
そこに、北朝鮮諜報要員がビョンホン氏を追って日本の秋田へ。って、どうやって、日本に入国できたねん。しかも、大きなライフル銃持って、雪で覆われた山を歩いてますけど(爆)。

と、一人突っ込みながらも楽しく見ております。

「宝石ビビンバ」

とんでもない常識外れの両親を持つ4人のまともな子供たち。
最初、ドタバタホームドラマと思っていたのですが、ここにきてまだ高校生の娘がいる母親がアルツハイマーと診断され、ちょっと悲しいお話になりそうです。
にしても、このドラマもかなり世間が狭い。どこかで誰かと誰かがつながっている。
ソウルの人口1千万以上だというのに、こんなにもつながっているんじゃ、こりゃ、運命!としかいいようがない(笑)。

「熱血商売人」

やはり物を売る人というのは熱意と誠意が大切なんだわ~と思います。良い品物を売ってるお店でも、そこの店員の態度が最悪だったら二度と行かない~って思うし。
なんて言ってたら、イギリスじゃ、行くお店がなくなるな~(笑)。
もちろん、とっても感じの良い店員さんもいるのですよ・・会える確率は少ないけれど。

「エデンの東」

もうすぐ最終回なんですが、なんだか結末が見えてきました~。
それにしても、ドンウクよ、あまりにも性格変わりすぎでしょ~~。お兄さんを信じてあげないさいって。

でも、やっぱり一番悪いのは、シン・テファンとミエだな。関係ない人たちを巻き込むな!!って、言いたいけれど、巻き込まなきゃ、ドラマが始まらないのよねん。

「魔女ユヒ」

パソコンテレビギャオで始まったので見始めました。
面白いのか?よくわかんないのですけど、とりあえず見てみます。主役のハン・ガインさん、本当に可愛らしい。ちなみに、エデンの東のドンウク氏(ヨン・ジョンフン)の奥さんです。

「朱蒙」「風の絵師」
こちらもパソコンテレビで二度目の視聴中。改めて見てみると、おぉ~そうだったのかと色々と気がつくところもあり、楽しめます。

で、週末の土日のお楽しみは「怪しい三兄弟」。

(あらすじ)KBS WORLDより

50代後半の家長 キム・スンギョン<巡査>(パク・インファン扮)はその名の通り警察だ。
警察という職にかなりの誇りを持ち、人生において一番重要な3要素は健康と現金と理想だと考え、息子三人の名前をコンガン(健康)、ヒョンチャル(現金)、イサン(理想)と付けた。
長男コンガン(アン・ネサン扮)への期待が最も大きかったが、仕事や結婚全てにおいて期待外れの結果になってからは失望した。
次男ヒョンチャル(オ・デギュ扮)は、長男の影に隠れて育ったが、今は幅広く事業を手掛けながら地域の有志となり、父の自慢で実質的には長男の役目をする。
三男イサン(イ・ジュンヒョク扮)は、父の期待通り警察大に進学して若くして昇進し、自慢の息子で親の愛情を独り占めするが、警察内での親子の葛藤がある。
最後の警衛進級を目標に必死で勉強していたキム・スンギョンは、予想外に退職することになり、その間君臨していた家庭内での家長の地位からも落ち、夫スンギョンに理解を示さない妻クァジャ(イ・ヒョチュン)からは酷く罵倒され、惨めな晩年を過ごすことになるのだが・・・ 


このドラマの出演者って、「糟糠の妻クラブ」のメンバーがほとんどで、最初見ているときは、かなり混乱しましたが、最近やっと見慣れてきました。




こちらがその三兄弟

d0148729_1827378.jpg


左がコンガン(健康)と名付けられた長男。
親の反対押し切って、駆け落ちしたものの、奥さんに浮気され離婚。しかも無職。
弟の経営するチムジルバンで働かせてもらうものの・・一生懸命働く様子もなく、株でもうけることばかりを考える駄目男。でも、母親からは誰よりも愛される長男。

右がヒョンチャル(現金)と名付けられた次男。
名前のとおり、お金を稼ぐことだけが趣味の男。
よせばいいのに、無理をして事業を広げすぎたため、色々な問題が・・・。

真ん中がイサン(理想)と名付けられた三男。
警察官である父の仕事を受け継いだ、まともな三男。
と思っていたら・・好きになった彼女は、父と昔因縁のあった男の娘。
それにしても、あんな気が強い女性を好きにならなくても・・・と思ったり。

このドラマもかなり世間の狭いドラマでして・・・(笑)。
あの人とこの人が知り合いで・・そのまたその人も知り合いで・・・って感じ。

韓国ドラマって、名前に意味があることが多いようで、韓国語がわかっていたら、また楽しさも倍増なんだろうな~。

長男の再婚相手は、オン・チョンナン(とんでもない)という意味。
まさしくとんでもない嫁で、年齢、子供がいることも、借金がたくさんあることもすべて内緒にして、結婚したのだけど、そろそろばれてくる模様。

次男の嫁は、10年前結婚したときから、家政婦のようにこき使われている可哀想な嫁。
名前はト・ウミ(家政婦の意)。
あとに結婚した長男の嫁から、こきつかわれるのだけど、この間の仕返し編は面白かったな~。
頑張れ、次男の嫁。でも、この方、「糟糠の妻クラブ」同様、後々、旦那に不倫され、ちょっと可哀想になっていくようです。

で、このドラマで一番みたくないひとが、この三人息子の母親チョン・グァジャ(前科者の意)。
まさしく、犯罪者ですよ~。この姑。
しかも、3人息子もいるのに、本当に長男だけを溺愛。
見ているこっちまで、可哀想なほどですよ。次男への態度は・・。
そういえば、「ソル薬局の息子たち」でも、長男だけを心配する母に対して、次男が一度、大爆発したことがありました~。韓国の長男って、そんなに大事なんだろうか。。。
しかも、60歳前だろうに、家事一切何もせず、次男の嫁をこきつかいまくり、可愛い長男の嫁だけを可愛がる、見ていて腹立たしくなる女性です。
でも、長男の嫁の本性がばれたときは・・・恐いな~。

d0148729_18485539.jpg


私のお楽しみ・・だった人はというと、三男の彼女オ・ヨン(主体性がない)の元彼ワン・ジェス(嫌なヤツ)という意味。

d0148729_190354.jpg


検事になるまで苦学生だったのをオ・ヨンに助けられながら5年間つきあったものの、検事になった途端、お金持ちの娘と結婚するために、ぼろ雑巾のようにオ・ヨンを捨てた男。
いやぁ、ひどかったですよね。このワン・ジェス。でも、あれだけ、けちょんけちょんにされながらも、すがっていたオ・ヨンにもびっくりでしたけど。

このワン・ジェス演じたのは、コ・セウォン氏(1977年12月13日生まれ)
嫌な役柄だったため、本当に意地悪そうなお顔立ちしてましたけど、よぉく見るとイケメンじゃございませんか!!
きっと爽やかな青年を演じたら、全く違ったイメージなんだろうな~と思います。

このドラマで使われている音楽もなかなか良いです。OST買おうかな~。











[PR]

by chelsea26 | 2010-04-17 19:44 | 韓国ドラマ

韓国ドラマ「善徳女王」(ネタバレあり)

d0148729_22262121.jpg


先週の日曜日、韓国ドラマ「善徳女王」全62話を視聴し終わりました。

あらすじ(KNTVより)

朝鮮5千年の歴史上、初めて女性で王となった新羅第27代・善徳女王の生涯を描いた物語。色香と策謀でミシルという美女が宮廷を牛耳っていた7世紀の新羅。ある夜、北斗七星が八つ星となる異変が起こり、新羅王チンピョンに双子の女王が誕生する。 

双子の王族の誕生は男子の皇統が途絶える凶事を呼ぶと恐れられていたため、女王の一人・トンマンは侍女人にかくまわれ宮廷を脱する。 自分の身分を知らず正義感の強い少女に成長したトンマンは、その後運命に導かれるように新羅宮廷に戻り、キム・ユシンら将軍と新羅の軍事集団、ファランド(花朗徒)たちの力をかり、ミシルとの戦いにのぞんでいく。




このドラマ、脚本が「チャングムの誓い」、制作スタッフが「朱蒙」を手がけた方たちということで、韓国時代劇ドラマ好きにとっては、なんともたまらない史劇の一つです。

何と言っても、前半から50話まで盛り上げたのは、このミシル様。

d0148729_22322459.jpg


トンマンの敵役で、女同士の戦いといえども、大奥のような陰険さやイジメはなく、あくまでも誇り高く、眉毛をピクッと動かし、相手を威圧する迫力ある演技・・最高でございました。



90年代、財閥と結婚、その後離婚をして、芸能界に戻ってきて初めてのドラマが「春の日」でしたけど、この時の役はイマイチ、パッとしない役柄だったのですが、チ・ジニ様とチョ・インソンの二人に愛される、何ともうらやましい女性でした。

次の「きつねちゃん、何しているの?」では、売れない三流ポルノ雑誌の記者で、友人の9歳下の弟くんとの年の差カップルを演じて、かなりはじけていました。
でも、彼女の女優魂を開花させたのは、やっぱりこのミシル様役です。彼女は、ちょい悪役向きの顔ですね~。



そして、出演俳優さんたちの豪華さも見る楽しみの一つでもありました。

まずは、キム・チュンチュ(トンマンの甥っ子)を演じたユ・スンホ君。韓国映画「おばあちゃんの家」に出演していた少年がこんなに成長してました。

d0148729_22423577.jpg


最初、登場したときは、勉強嫌い、運動嫌い、馬にも乗れない・・頼りなげな王子でしたけど、実は頭脳明晰・・な王子なのでした。



こちらは伽耶国の最後の王子ウォルヤを演じたチュ・サンウク氏。ドラマ「アクシデント・カップル」では、嫌なタイプの役柄でしたけど、今回、格好良かったな~。ウォルヤを漢字で書くと「月夜」なんだそうです。素敵なお名前。

d0148729_22453775.jpg


こちらは、最後の最後までトンマン(後の女王)に忠誠を尽くしたユシン朗の子供時代を演じたイ・ヒョヌ君。この彼が大人になって、オム・テウンに変わったときは、正直??って感じでしたけど、オム・テウンさんも段々と格好良くなっていきました~。でも、やっぱりピダムに一本取られた・・って気もしましたが。

d0148729_22494586.jpg


それにしても、このドラマもやっぱり高視聴率だったため、当初50話の予定が62話に延長。でも、主役のイ・ヨウォンさんの健康状態があまりよくない中での延長であったため、脚本もかなり描き直しがあったそうです。

なので、いつからトンマンとピダムは恋仲に??というシーンもかなりカットされたそうで、ちょっとわかりづらい所もありました。

韓国ドラマの三大廃人ドラマといえば、「茶母」「ごめん愛してる」「バリの出来事」。
この3つのドラマの共通点といえば、ラストが予想もしない終わり方で、「オモオモ・・・」とつぶやいてしまうほど衝撃的な終わり方をしたドラマでした。
ドラマが終わってからも、韓国ではネットで、ドラマについて夜遅くまで語り明かされ、翌日も仕事が手につかない人がたくさんいたそうで、そのため「廃人ドラマ」と言われたそうです。
私もこの3つのドラマを見ましたが、確かに、日本のドラマの終わり方とは違う結末にひょえ~となりましたが、廃人とまではいかず。。。

それが・・・それが・・・この「善徳女王」では、ピダム廃人に。。。

d0148729_2252238.jpg


かっちょいい~~~053.gif

21話から登場したピダム君演じるキム・ナムギル氏。最初の無邪気な顔も可愛かったけれど、時折見せる男っぽい姿に惚れ惚れしておりました。



なんたって、トンマンのお爺さん(チンジ王)とミシル様の子供で、王妃になれなかったミシルがこの子に用はない・と生まれて直後、すぐに捨てられ、国仙ムンノに育てられたのだけど、ミシル様の血が流れているもんだから、知らず知らず・・悪の心も見せちゃって・・ムンノからも息子同然に育てられていたけれど、いつしか溝ができてしまい、いつも愛に飢えていたピダム。

双子が誕生すると王族男子が途絶えるとの言い伝えにより、トンマンは侍女のソファに育てられるのだけど、やはり親に捨てられたという点でピダムとは同じ状況。
お互い望まれずに生まれてきた二人・・最後には何とかして、幸せになってほしかったのだけど、外野がそうは許さない。ミシル一派がピダムを新羅の王にしようとした時点から、ピダムの思いとは違った方向に動き出してしまう。
ピダムは史実によると、父母や出生については記録が残っていないそうだけど、善徳女王時代にピダムの乱を起こして殺されたのは事実らしい。
それをこんな風に脚色しちゃう韓国の脚本家ってすごいな~。事実じゃなくても、もしかして、本当にミシルの隠し子で、トンマンとの恋もあったかも?と思っちゃう。

最後までトンマンの言葉を信じていれば幸せになれたかもしれないピダム。
女王になることに固執しなければ幸せになれたかもしれないトンマン。



最後の最後で、自分は殺されるとわかっていても、何とかしてトンマンに言いたかった言葉・・・
女王になって、誰からも名前を呼ばれることはなくなった・・と寂しげに語っていたトンマン。

遠くに見えるトンマンを見ながら

トンマンまであと70歩


トンマンまであと30歩


トンマンまであと10歩

ってとこで、ユシンやアルチョンに刺され、トンマンを見つめながら、「トンマナ~」と口を動かしながら息絶えてしまいました(涙)。



ピダム様、あなたは最高でした。ウルウル。
今年は6月以降?兵役につくそうです。2年間お会いできないとは・・・(涙)。

d0148729_2256258.jpg




こんなにもたくさんの出演者がいながら、様々な伏線が見事につながっていくすばらしさ。
韓国ドラマのハラハラドキドキの展開、出演者全員の演技力の高さ・・・

こんなに内容いっぱいのドラマを週に二回も放送しちゃう韓国・・。

やめられませんな~韓国ドラマ!
善徳女王のOSTもとてもすばらしく、効果的に使われていました。
一番好きな曲はこれ!




実は、あのイギリスのポール・ポッツさんもこのOSTに参加しているんですよ~。
美しい歌声です。



この曲も良いのです。




韓国の時代劇は長いので一度見たら、再視聴はしたくないのですが、このドラマだけは、もう一度、最初からゆっくり見てみたい。
しばらく・・ピダム廃人のため、you tube で時間をつぶすことになりそうです。
[PR]

by chelsea26 | 2010-04-09 23:12 | 韓国ドラマ

韓国ドラマ「熱血商売人」

d0148729_21443494.jpg


今月視聴中の韓国ドラマ

怪しい三兄弟
善徳女王
アイリス
宝石ビビンバ
熱血商売人
エデンの東
風の絵師(二度目の視聴)

スカパー!のTBSチャンネルで放送されている「エデンの東」は全56話なんですが、週1回の放送なので、先に進まず・・。でも、やっと終わりが近づいてきました。
それにしても、カットが多すぎて、話が飛びすぎて、途中???ってなることが何回も。

この「エデンの東」に出演しているパク・ヘジン君(スンホン氏の実の弟役)が主演のドラマが始まる~っってことで見始めました。





(あらすじ)KBSサイトより

入社5年目の外車ディーラーハ・リュ(パク・ヘジン)。恋人に捨てられたハ・リュは人生を挽回しようとユ会長のドリームカーミッションに飛び込む。全国各地から集まったトップクラスの営業マンたちがユ会長のドリームカー探しに熱意を燃やす中、営業クイーンのキム・ジェヒ(チェ・ジョンアン)とハ・リュが正面対決することになる。そんなある日、ハ・リュは自分が売った車の欠陥を主張する保険会社の社員ミン・ダヘ(チョ・ユニ)に出会う。その直後にリュの父が欠陥車を運転する車と衝突して他界してしまう。
現場の死亡者が自分が車を売った人だったという事実に絶望のどん底に落ちるハ・リュ。一方, 車の欠陥による事故であることを隠ぺいしようとするスンジュ(チェ・チョロ)は事実を明らかにしようとするハ・リュと衝突するのだが…。

第一話を見たあと・・・どうしよう~と思いつつ、第二話を見終わって・・まぁ、とりあえず見てみよう・・・って感じで視聴しています。
韓国ではあまり視聴率はよくなかったそうだけど、「人生の価値はお金ではなく人である」というメッセージが多くの共感を得たそうです。

マンガが原作のドラマらしいので、個性あるキャラがたくさん出てきます。
第2話でしたっけ?日本人のおじちゃんが出てきたのですが、ひど~い日本語。明洞で働いている人を雇ったほうが良いんじゃ?って感じの日本語でした。
ビョンホン氏の「アイリス」では、日本人テロリストとして白竜さんが登場してました。


最初、営業クイーンのジェヒという女性を見たとき・・「はて、どこかで見たことがあるお顔?」と思って、調べてみたら、コーヒープリンス1号店に出ていた画家のハン・ユジュ役をしていた人だったのね~。なんだか顔が違うような・・・。

かなり化粧が濃いです。
d0148729_2222983.jpg


こちらはコーヒープリンスの頃の顔。
d0148729_2231854.jpg


調べていてびっくりしたのが「海神」でチェリョン役もしていたんだ~。
d0148729_224366.jpg


もう、ここまで来ると、彼女の本当の顔がどれだかわからなくなってきた。。。

d0148729_225926.jpg


チェ・チョロ氏(なんか変わったお名前)って、テジョヨンじゃとても格好いい役だったのに、今回は何とも卑劣なタイプのようで・・。役柄が変わると顔まで違って見えちゃうんですよね~。

期待せずに見ているドラマって、意外と後から嵌っちゃうことが多い私。
このドラマもそのようになるのかしら??
[PR]

by chelsea26 | 2010-03-16 22:25 | 韓国ドラマ