カテゴリ:音楽( 106 )

Patrick Wolf - House

d0148729_22162630.jpg



ロンドン出身のシンガーソングライター、Patrick Wolf くんです。
父がミュージシャンで、母が画家、姉はオペラ歌手という一家だそうです。

色々なお写真を拝見していたら・・・ちょっとお姉系かも?と思っていたら、やっぱり恋人はボーイフレンドって書いてあるのを発見しました028.gif

そんなことはどうでもいいのですが・・彼の声が80年代UKロック?ポップ?を思い出させるんでございますよ~。いかにもイギリスって香りの音楽です。

このMVって、は虫類系が苦手な人は見ない方がいいかも~。私も苦手だけど。。。
子供の頃、かたつむりとかチョウチョとかバッタとか普通に触れたのに・・今じゃダメになってしまいました。なんでだろう?



[PR]

by chelsea26 | 2011-06-02 22:26 | 音楽

Clockwork Orchestra

d0148729_20562830.jpg


Clockwork Orchestra アイルランドのelectronic band ということぐらいしかわかりません。
が・・アイリッシュ音楽風のなんだか哀愁漂うメロディが素敵です。


公式サイト → 



[PR]

by chelsea26 | 2011-05-15 21:03 | 音楽

ナオト・インティライミ

金曜日の夜、これまた久しぶりにMステを見ました。

この日、出演していたナオト・インティライミさんというミュージシャンのことを初めて知りました。なんでも、携帯電話のCMで使われている曲が評判になっているのだとか。





確かにこの曲も素敵だけど、それよりも私はこちらの「Brave」という曲が好き!
今週は2PM とBigBang とナオト・インティライミさんの曲が頭の中を巡っております~。




彼はメジャーになる前に世界旅行(28カ国:515日間)を決行したそうです。
男性はこういうことが出来るから、うらやましい~。
私の学生時代も同じサークルの男子が、夏休みや春休みを利用して、バックパッカーでアメリカ、ヨーロッパへ勝手気ままな旅をした人がたくさんいました。

ストレートな歌詞が今の日本人には受け入れられやすいんでは~と思います。






[PR]

by chelsea26 | 2011-05-15 00:36 | 音楽

Nataliya Gudziy 「いつも何度でも」

ナターシャ・グジーさんが歌う千と千尋の神隠しの主題歌「いつも何度でも」。
この歌にこんな深い意味が込められているとは・・あの大震災があって気づかされました。


彼女が6歳の時、チェルノブイリ原発事故により被爆し、その後音楽活動を経て、日本へ。
3日間だけの避難と言われ、何ももたずに家を出たら、そのまま家に帰ることもできず、地図から消されてしまった故郷。

人間は忘れることによって、同じ過ちを繰り返します。悲劇を忘れないでください。

彼女の話す言葉をしっかりと受け止めなければいけません。

ナターシャ・グジーさん(ウィキペディアより)

ナターシャ・グジー(Nataliya Gudziy;日本名未公表1980年2月4日 - )は、ウクライナ出身で日本で活動している歌手、バンドゥーラ演奏家(バンドゥリースト)である。

ウクライナのドニエプロペトロフスク州(現ドニプロペトロウシク州)の村に生まれた。その後、家族とともにチェルノブイリ原子力発電所に近いプリピャチに移住した。1986年4月26日のチェルノブイリ原子力発電所爆発事故によって被曝、キエフに避難した。

ウクライナの民族楽器バンドゥーラの音色に魅せられ、8歳より音楽学校で学ぶ。チェルノブイリ原発事故で被災した少年少女を中心に結成された民族音楽団「チェルボナ・カリーナ」(赤いカリーナ)のメンバーとして、1996年、1998年に来日し、全国で救援コンサートを行う。

2000年からは日本語を学びながら日本での本格的な活動を開始。その透明で美しい水晶の歌声とバンドゥーラの可憐な響きは多くの聴衆のこころを惹きつけている。

1999年、2000年には、「消えた故郷」「消えた故郷2」(チェルノブイリ子ども基金)を救援CDとして発売。2002年には井上鑑プロデュースの「セルツェ(こころ)」(音楽センター)を発表。2004年12月来日5周年記念アルバム「Nataliya(ナタリア)」とクリスマスアルバム「Merry Christmas」(ともにオフィスジルカ)を同時発売。2006年1月には、チェルノブイリ20年救援アルバム「こころに咲く花」(音楽センター)を発表。11月には、ウクライナの故郷や家族への想い、チェルノブイリ原発事故の体験、日本での音楽活動などについて日本語で綴った著作に5曲入りCDをセットにした初のCDブック「ふるさと~伝えたい想い~」を発売した。

2005年7月のウクライナ大統領ヴィクトル・ユシチェンコ来日の際には、首相官邸での小泉首相主催の夕食会に招かれ、演奏を披露。チェルノブイリ救援コンサートのほか、テレビ、ラジオ、音楽教室や学校での国際理解教室など多方面で活躍している。



[PR]

by chelsea26 | 2011-05-07 19:29 | 音楽

ポール・ポッツさん、ありがとう!

d0148729_2219353.jpg


4年前、イギリスのオーディション番組「Britain's got talent」で一躍有名になった、携帯電話会社のセールスマンだったポール・ポッツさん。

子供の頃はイジメにもあっていたそうだけど、あの番組に出演したことで、彼の人生は大きく変わりました。

世界的有名なオペラ歌手になったポールさん。そんなポールさんが現在、来日中です。

大震災のあと、多くの欧米のアーティストが日本公演をキャンセルする中、彼は日本のために、日本人のために、来日してくれました。彼の優しい気持ちに感謝です。

「What a wonderful world」良い曲ですね。





Never give up on your dreams!
[PR]

by chelsea26 | 2011-04-28 22:34 | 音楽

桜 Sakura

d0148729_225244100.jpg



朝晩まだ少し寒いけど、桜も満開。
あっという間に散りゆく桜。儚いけれど、それ故に美しいと感じさせてくれる桜。



d0148729_2323936.jpg




d0148729_2331026.jpg



『ウンナンのホントコ! 未来日記』のテーマソングだった「桜坂」好きでした。
そういえば、あの台湾の女の子と日本人の男の子の恋愛は、その後どうなったんだろう?



[PR]

by chelsea26 | 2011-04-05 23:11 | 音楽

Tomorrow〜陽はまたのぼる〜

東日本大震災から3週間が過ぎました。
地震、津波、放射能、余震・・まだだま不安が続く日本です。

まさか、この日本で、こんな大惨事が起ころうとは誰が予測できたでしょう。

時間が経つにつれ、死者、行方不明者は増え続け、昨日見た報道番組の中で、震災後、まだ一度もお風呂に入っていない被災者もいる・・と言ってました。

先進国、経済大国と言われる日本で・・・どうして、なぜ?

被災地に住んでいない私でさえ、「この先日本はどうなるんだろう?」とか不安に思う毎日でもありました。

でも、読売新聞に掲載されていた精神科医の春日武彦さんの言葉がものすごく印象に残ったので、紹介します。

「この鬱々と重苦しい毎日を、いきなり晴れ渡った気分で満たす方策はない。だが、うな垂れる必要もない。被災地から隔たった場所に住む人間は、誠実さや活力が他人へ伝搬し得るという事実を思い出そう。
 
 他人を思いやることと、過剰な自主規制や自粛とは直結しない。被害を受けずに済んだ者が何かを楽しんでも、それが「不謹慎」ということになってしまえば心は萎縮しかねない。他人の顔色を窺うような態度は、誰も救えない。

被災者の存在を胸の内に置きつつ、背筋を伸ばして日常を営んでいくことが大切だろう。」


春日さんの言葉を読んで、ちょっと心が軽くなったような気がします。
日本経済を正常化させるには、何事も自粛では逆効果なんですよね。

何事も便利という事に慣れてしまった私たち。
昨年嵌ってみていた大河ドラマ「龍馬伝」の坂本龍馬さんたちが生きていた150年前の日本は、まだ水道も電気もガスもなかった時代。でも、それでも、みんな元気に暮らしていた時代。
私が子供の頃は、スーパーは夜7時には閉まっていたし、デパートは週一日お休みがあったし、コンビニだってレンタルビデオ、携帯、パソコンだってなかった時代、それが当たり前だったのに、すっかり忘れてしまった私たち。

被災者の方たちの苦しみを心に置きつつ、物を大切にし、節電に心がけ、普通の暮らしを心がけましょう。


日本の俳優さんでは一番好きな竹野内豊さんが出演していたドラマ「tomorrow~陽はまたのぼる~」の主題歌「ひかり」です。素敵な歌詞です。竹野内さんも素敵~。



[PR]

by chelsea26 | 2011-04-03 20:30 | 音楽

Tom Chaplin & Queen @ the Princes Trust Rock Gala

d0148729_23324122.jpg


昨年11月ロンドンのロイヤルアルバートホールで行われたThe Prince’s Trust Rock Gala 2010 というライブで、Queenのブライアン・メイ、ロジャー・テイラーさんとkeane のトム君が共演したそうです。

keaneのトム君は幼い頃、Queenのフレディとマイケル・ジャクソンに憧れていたというだけあって・・・何だか、フレディさんが歌っているような・・。

イギリスって、本当に実力が重視されたバンドが多いですよね~。



チャールズ皇太子とカミラさんもお見えになってます。日本じゃこんなコンサート無理でしょうねぇ。


[PR]

by chelsea26 | 2011-01-15 23:54 | 音楽

Jeremy Messersmith

d0148729_0132171.jpg


とっても美しい歌声のシンガーソングライターを発見!です。

アメリカのミネアポリスを中心に活動しているJeremy Messersmithさんです。

と・・・これぐらいしか彼のことはわからないのですが、とにかく独特な映像のMVも歌声も素敵なので、聴いてみてください~。



















[PR]

by chelsea26 | 2010-12-26 00:29 | 音楽

Coldplay 「Christmas Lights」&Christmas songs

d0148729_21571372.jpg


Coldplay の2年ぶりの新曲「Christmas lights」が発売されたそうです。
ちょっと哀愁ただようメロディですが、とっても素敵です~。

Coldplay:イギリスのロックバンド。1997年ロンドンで結成。
メンバー4人とも教師の息子で、ボーカルのクリス・マーティンさんの奥さんが女優のグィネス・パルトロウってことぐらいしか知らなかったのですが、ちょっと他の曲も聴いてみたくなりました。




今、街中では、賑やかにクリスマス・ソングが流れていますが、皆さんはどのクリスマス・ソングが好きですか?

私はフランク・シナトラさんの「let it snow」も大好きです。



この曲を聴くと、韓国ドラマ「私の名前はキム・サムスン」を思い出します~。




定番だけど・・この曲も素敵。



何だか神聖な気持ちになれます。



ポール様のクリスマスソング。



ジョン・レノン様のクリスマスソング。


[PR]

by chelsea26 | 2010-12-15 22:17 | 音楽