<   2008年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧

一期一会の出会い。

Merci Lapinさんのお店から我が家にお嫁入りした素敵なC&Sとポストカードです。

食器のメーカーなどに関しては、有名なところは知ってはいても、あまり詳しくなく、ただただ可憐な絵柄に惹かれて購入しました。

こちらは、リモージュのアビランド社のもので、40年以上も前のお品だそうです。
カップの中のお花が可憐で美しいです。

d0148729_2123889.jpg


d0148729_212473.jpg



こちらは、リモージュのアビランド社がアメリカに進出していたときのものだそうです。
フランス製じゃなくて、アメリカ製というのが、何だか貴重??な気がします。
それにしても、女性が好みそうな可愛らしい図柄です。とことん乙女チックなデザイン!

d0148729_21233588.jpg


アメリカ製の刻印の方がとってもお洒落~です。

d0148729_21243378.jpg


こちらは前から気になっていたセルロイドのカード。
セルロイドの上に貼られた可愛い小花と鳥のクロモス。

d0148729_21245839.jpg


もう言葉に出来ないくらいに素敵なカードです。
こんな繊細なカードが郵便で送られてきた日には・・・幸せですね。
そして、この切手も素晴らしくお洒落です。
一体いつ頃のものなのでしょう?

d0148729_21251927.jpg


アンティークとの出会いは一期一会。
[PR]

by chelsea26 | 2008-06-30 21:34 | アンティーク&雑貨

クロスステッチ!完成。

d0148729_2321338.jpg

A Mon Ami Pierre 「Special Quaker Six Mains」より

やっとのことで完成いたしました。
昨年末からチクチクし始め、3月までには終わるだろう・・なんて思っていたら、年度末の忙しさ、韓国ドラマ視聴の忙しさ・・と自分に言い訳しながら、放置状態になっておりました。
このままじゃあ、ダメだわ。私・・・ってことで、ここ数日間で一気に刺しました。
とはいっても、やはり韓国ドラマを見ながらの「ながらチクチク」。ちゃんと図案を見ているつもりでも、刺しはじめの間違いを発見したり・・・。これを見つけたときは、しばらく放心状態に陥りまひた・・(-_-;)

私は極度の近視&乱視で、裸眼だと視力0.05以下・・。メガネなしで針に糸は通せても、図案が見えない。メガネをかけると、針に糸が通せない。なんてことになり、宮崎の東国原知事じゃないですが、メガネをズズ~ッツと鼻の下にずらしたり、元にもどしたり・・・。疲れました。

連続刺しは目数だけ覚えていればいいのですが、こんな雪の結晶タイプは、図案とにらめっこの日々でした(苦笑)。時々、自分がどこを刺しているのかわからなくなったり。。。

d0148729_235397.jpg


でも、やり終わった達成感は清々しいものです。

こんな素敵なチャートをフリーで公開してくださっている「A Mon Ami Pierre」 さんサイトには感謝いたします。
[PR]

by chelsea26 | 2008-06-29 23:11 | クロスステッチ

夏のセール!

d0148729_2253321.jpg


すでに、あちらこちらでセールが始まりました。
私が買う洋服は、とあるショップが主なんですが、ここからプレセールのお葉書をいただき、金曜日、仕事のあとに行ってみました。

急いで行ってみると、売り場はかなりの人だかり!
でも、今回、自分のツボにはまったものがあれこれとゲットできました。というよりも、ここのショップの店員Aさんは、私の好みを全部わかってくれていて、次から次へと持ってきてくれるものが全て欲しくなっちゃいます。
しかも、昨年私が買ったものまで覚えていて、あのジャケットにこれが合いますよ~とかアドバイスまでしてくれます。
いやぁ~~プロですね!いつも買ってるお得意様ではないのです。デパートの中に入っているショップなので、顧客もかなりいると思うのですけどね~。本当に尊敬します。
Aさん、いつまでもこのショップにいてください!

今回買ったなかで気に入ったものが、上の写真です。
このレース部分に惹かれました。
実際は私の好きな紺色なんですが、写真だとグレーのように見えますね。
Tシャツ素材なんですが、ちょっとお洒落っぽいです。
[PR]

by chelsea26 | 2008-06-29 23:00 | shopping

Where the Hell is Matt?

d0148729_1125184.jpg


コネチカット出身Matt青年の世界中でダンスをしている所を撮影したビデオです。
うらやましい~~ぐらいに、いろんな所に行ってます。

2年前くらいに、ネットで一躍有名になったMatt青年。

何者じゃ・・・?と、調べてみると、オーストラリアでお金を貯めたあと、世界を旅しながらダンスをしたビデオをインターネットにのせたところ、「Stride」 というチューインガムの会社が、スポン
サーになってあげるから、もう一度世界を旅しないか?ってお話があって、またもや6ヶ月の世界旅行へ出発したとのこと。その後、シアトルでゲーム関係のお仕事をしているのだとか・・。

このときのビデオがこちら。

「Where the Hell is Matt?」

そして、こちらは2008年の最新版。42カ国も行ったんですね。うらやましぃ。
日本はやっぱりアキバ・・だったのね。

「Where the Hell is Matt? (2008)」

誰かスポンサーになってくれないかしら~。でも、せっかく行っても、このダンスだけのため・・というのは考えちゃう(笑)。

子供の頃、兼高かおるさんの「世界の旅」を見ながら、外国に憧れていました。私の子供の頃って、海外旅行といえば、お金持ちの人だけが行けるもの・・でしたから。

「兼高かおる世界の旅OPENING THEME」

パスポートは何冊も持っているのに、イギリス、韓国、シンガポールにしかいったことがありません。他の国に行く日はやってくるのでしょうか??
[PR]

by chelsea26 | 2008-06-29 01:30 | 動画

海外CM

d0148729_0583170.jpg


たま~に日本のテレビ番組を見ていると、あまりのCMの多さに辟易しちゃいます。
しかも、いっつも「果たして、真実は!!」「結果はいかに!!」と言い出してからが長い。

こんなクールなCMばかりだったら、文句も言いませんけど・・・。

「HP TouchSmart PC - New "Maestro」

「O2 ad - better connected」

「Adode Cards」
[PR]

by chelsea26 | 2008-06-29 01:16 | 海外CM

マルタのやさしい刺繍

d0148729_030938.jpg


今年の秋から全国公開されるスイス映画です。
スイス映画ってそういえば、あまりメジャーじゃないけれど、これはかなりおもしろそうです。

小さなスイスの村に住む80歳のマルタ。旦那に先立たれ、生き甲斐を見いだせなかった彼女だったけど、若かりし頃の夢を思い出す。

「自分が刺繍を施したランジェリーショップをオープンさせること」

素敵すぎます。こういうお話し。
フランスのクロスステッチ関係のサイトを見ていても、おばあちゃんとも言えるような人たちが楽しそうに、みんなと集まってチクチクしている写真をよく見かけます。

イギリスでも、多くのおばあちゃんを見かけましたが、いくつになっても女性・・であることを捨ててはいない人が多かったように思いました。

スイスというと永世中立国。のどかで平和な国なんだろうなぁと思っていたら、ウィンブルドン語学学校で同じクラスにいたスイス人男性の話を聞いて、びっくり。
スイスでは兵役制度があるのだそうです。意外な感じ・・でした。

「マルタのやさしい刺繍」

「マルタのやさしい刺繍 trailer」
[PR]

by chelsea26 | 2008-06-29 01:02 | 映画

ウィンブルドンテニス!

d0148729_2047347.jpg


今週からウィンブルドンテニスが始まりました。
正式名称は「The Championships」と呼ばれるこの大会。1年にたった2週間だけ使用するのがセンターコート。この大会だけのために1年かけて、芝生の手入れをじっくりと行うのだとか。イギリス人らしい~ですね。

何やら上流階級の人達が・・・
d0148729_20571048.jpg



12年前にイギリスへ遊学していた時期に、運良くこの大会を見ることができました。せっかくウィンブルドンの語学学校に通っているのに、この機会を逃すのはもったいない・・とは思いながらも、問題だったのが、語学学校の担任の先生。ずる休みに関しては、超きびしい~先生だったので、どうしようかと思っていたら、何と、先生の方から「君たちがウィンブルドンテニスを見ることが出来るのは良い機会だから、もし学校を休んでも今回に関しては何も言わないよ。」とのお言葉!とは言っても、世界的にも有名なこの大会の入場券なんて買えることができるのだろうか?という不安もあったのですが、朝から2時間ほど並んだら、無事にチケットをゲットしました。もちろん一般コートだけの観戦でしたけど。当時1ポンド約170円で、チケット代8ポンドでしたから1360円です。ということで、2日間続けて学校をサボっちゃいました。

d0148729_2051550.jpg


こちらはパンフレットに掲載されていた、1885年Alexander M.Rossiという人によって書かれた「The Young Champion」。とっても可愛い少女です。

d0148729_2054979.jpg


More
[PR]

by chelsea26 | 2008-06-26 21:05 | イギリス

London 2012 Olympics Promo

d0148729_20394729.jpg


このPVは、昨年Mixiの方でも紹介したのですが、やっぱり何度見ても超素晴らしい2012年ロンドンオリンピックのプロモーションビデオ映像なので、こちらでもご紹介。

多分、イギリス人なら誰でも知ってる有名人&スポーツ選手があちらこちらに出演しているのでしょうけど、私はベッカムとジョセフ・ファインズぐらいしかわかりませんでした。
ジョセフがシェイクスピア・グローブ座にいる場面は、なんとも憎いですなぁ。


「London 2012 Olympics Promo - Believe」


「London 2012 Olympics Promo - Imagine」
[PR]

by chelsea26 | 2008-06-26 20:45 | イギリス

メアリー女王の人形の家

d0148729_21215890.jpg


ロンドンから列車でわずか40分足らずのところに、ウィンザー城があります。
女王様ご不在の時には、お城の中が見学できるとあって、旅行の度に行ってましたが、ここ最近ウィンザーまで行っても、お城の中には入らず、お城の周りにあるお店をグルグル回ったり、小さな紳士が通っているパブリックスクール「イートン校」あたりを散策するだけで終わっています。
昨年1月の英国旅行では、ポートベローのあとに行く計画だったのですが、ポートベローがあまりにも楽しすぎたため・・・計画倒れとなってしまいました。

ウィンザー城の中に入ったのは、すでに12年前なので、あんまり覚えていないのですが、日本のお城とは比べものにならない・・家具や調度品は豪華絢爛でした。
このお城の中で必見なのが、「メアリー女王の人形の家」です。

「美しくなければなりません。長持ちするものでなければなりません。最高のものでなければなりません。」という高ビーな?ご注文をなさったのは、メアリー女王様。
メアリー女王様って、一体誰??と調べたら、エリザベス女王のお祖母様なんですね。このメアリー女王様、子供達に対してあまり愛情をそそがなかったため、エドワード8世があんな風になっちゃった・・・とも言われているらしいです。チャールズもそうですよねぇ。子供の頃の母の愛情は大切なんですね。。

More
[PR]

by chelsea26 | 2008-06-23 22:12 | イギリス

ラブスプーン&イギリスのお家

d0148729_18543137.jpg


ウェールズつながり・・ということで。。。

この可愛い木製のラブスプーンは、「Cream Tea」のSetsukoさんからいただいた、イギリスのおみやげです。

17世紀ウェールズ地方で、若者が好きな女性に愛を告白するときに贈ったのが始まりなのだそうです。で、女性がこのラブスプーンを受け取ったら、彼女も彼に想いがあると認めたことなのだとか。。なんとも、ロマンチックですね~。

今では、幸せを呼ぶお守りとして使われているのだとか・・・
果たして、私の幸せはいつ??

写真の奥にあるのは、既に20年以上前に、ロンドンで買ったハンドメイドの陶器の家です。
手作りなので、形も微妙にずれているのですが、これがまたいいのです。
裏を見ると、英国のNorfork州Hainfordにある Tey Pottery で作られたようです。

英国のカントリーサイドをのんびり歩くことができるのは、果たしていつのことやら。。
[PR]

by chelsea26 | 2008-06-22 19:11 | アンティーク&雑貨