韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」

d0148729_1931215.jpg



スカパー!で放送が始まったので見ていたのですが、現在はパソコンテレビGyaOで視聴中です。
なんたって、テレビだと見たい別の番組と重なって・・あ~いそがし、いそがし。


(あらすじ:wow korea より)

コ・ウンチャン(ユン・ウネ)は父親を亡くした後、家族の生計を立てるため大黒柱となるコーヒー専門店の店員。ウンチャンは、コーヒーが好きだった父親の影響で、コーヒーの香りを識別する絶対嗅覚を持つ少女。コーヒープリンスの従業員として働きながら、コーヒーへの関心と愛が深まり、バリスタ(コーヒーを作る専門家)になる夢を抱いている。その夢と共に、高慢で冷淡この上ない男チェ・ハンギョル(コン・ユ)との恋も繰り広げられる。


いや・・ウンチャン、どうみたって女の子なんですが、最初、カフェの誰もが気がつかないっていうのが笑えます。
ドラマ「宮」では女の子らしい~可愛い役を演じたユン・ウネちゃんですが、今回このために髪をばっさり切って、男の子らしい演技で頑張っています。
でも、あの大食いのシーンは大変だったでしょうね~。

このドラマ・・韓国ドラマにつきものの悪役っていうのが出てこないのもいいです。楽しんで見られます。
ウンチャンの相手役ハンギョルも素敵だけど、「白い巨塔」にも出演しているイ・ソンギュン氏の低い声が素敵~。

↓のPVの最初に出てくる4人のうちの右下の男性です。

The Melody - Lalala, It's Love (Coffee Prince OST)




そして、カフェ店員の一人として出演していたワッフルスンギことキム・ジェウクさん。今後の注目株!

d0148729_19431846.jpg


キム・ジェウク 1983年4月2日生まれ。183センチ。65キロ。

母親が日本人という役なんですが、ドラマの中でも上手な日本語を話しています。
てっきり本当の日本人かと思ったら、父親の仕事の関係で7歳まで東京で暮らしていたのだとか。
韓国ドラマには、よく日本人という設定の人が登場するんですが、ちょっと日本語が話せる韓国人というのが
大部分で、ときに「日本語の字幕が必要よ~」って思うこともしばしばです。
それよりも、ロッテデパートの地下のおばちゃんや南大門のお店の店員のほうが数十倍日本語上手ですって。

彼の流ちょうな日本語。

Kim Jae Wook 1st Japan Fan Meeting



読み書きは苦手・・らしいのですが、やっぱり外国語をネイティブのように話すことができるようになるには、子供の頃にその国に住んでいることが重要ポイントなんですね。まぁ、人によっては、海外に行かなくてもネイティブ並みに話せる人もいるようですが。。。


Coffee Prince "Waffle Guy" collection 04




日本ではNG集というと、放送が終わってからのことが多いけれど、韓国では放送中でもたっぷりと流すことがあるようです。




このドラマで、イケメン・・・とはほど遠い?味のある青年が登場していました。
ゴリラ・・とよばれていたイ・オンさん。昨年の夏、オートバイ事故で亡くなられたそうです。
これから・・・楽しみの俳優さんだったのに。残念です。

d0148729_19575162.jpg

[PR]

by chelsea26 | 2009-06-27 20:05 | 韓国ドラマ

世界ふれあい街歩き

d0148729_19132495.jpg



先日、久しぶり~に日本の番組を見ました。
高い視聴料を払っていながらも・・・ニュース以外全く見ていなかったNHK。
BSハイビジョンが見られるようになって、とっても見たかった「世界ふれあい街歩き」。
時間が遅かったので、録画して後日ゆっくりと見ました。

私が見たのはベルギーのブリュッセル。

この番組・・何がすばらしいって、自分があたかもこの道を歩いているかのような撮影方法で、街のざわめきを感じられること。
そういえば、2年半前にイギリス旅行に行く直前、偶然にもこの番組のロンドンシティ編を見て、「私はシティを歩くのだ~」と決めたんだっけ。
実際、シティを2時間ほど歩いてみたけれど、バスが通るような大通りしか歩けなかったのだけど。

この番組の映像は、とても自然な撮影で、しかも映像もぶれることなく滑らで、一人のカメラマンがお気楽に撮影しているような感じなんですが、実際は、30キロ近いステディカムというカメラを身体に装着して、撮影されているそうです。

観光都市といっても、観光客があまり行かないような小道をゆっくりと歩き、偶然通りかかった人をつかまえて、色々な質問をしてみたり・・。
こういう旅が一番思い出になるんですよね~。

それにしても、ベルギー・・なんとも素敵な国。
とても美しい建物、美味しそうな食べ物、飲み物(ビール)に惚れました。

d0148729_1914526.jpg


このアパート、かなり昔に建てられたアール・ヌーヴォー調なんですって。
入り口のドアの鉄製のお花が何とも素敵。ちょうど住人がこの撮影を眺めていて、家の中を見せてくれました。
家の中にはステンドグラスが・・・。
とはいえ、昔の家なので、不便なことも多いけど、楽しんで暮らしているよ・・ですって。うらやましい発言です。

d0148729_19154043.jpg


この番組のおかげで、街の雰囲気も地図もすっかり頭にインプットされました。
さて・・・一体いつになったら行けるんでしょう。。

ちなみに、これ何だと思いますか?

d0148729_1922973.jpg


泥水や犬の○○で汚れた靴の裏側をここでキレイにぬぐい取る場所なのだそうです。
ベルギーも犬の○○多いのね。。

ベルギー観光局 ワロン・ブリュッセル動画


[PR]

by chelsea26 | 2009-06-27 19:27 | TV

イギリスのCM

イギリスのCMは夢があります。愛があります053.gif


McVitie's | But クィーンだって登場しちゃいます。




British Gas - Planet Home



Royal Mail




John Shuttleworth on a box of Yorkshire Tea  
この紅茶もとっても美味しい~。パッケージもイギリスらしくて大好きです。


[PR]

by chelsea26 | 2009-06-27 19:11 | 海外CM

Michael Jackson

d0148729_2221991.jpg



今朝のニュースで「マイケル・ジャクソンが病院に運ばれ重体」と聞いて、きっと、何かの間違いだろう。マイケルってば、また人を驚かせようとして・・なんて思っていたら、お昼のニュースでは「死亡が確認されました」との報道を聞いて・・・しばしボーゼンとしてしまいました。

ここ最近は音楽よりも別のことが話題になることが多かったけれど、さきほどの追悼番組を見ていて、彼はやっぱりスーパースターだったんだなぁと改めて思いました。

彼を超えるスーパースターはこの先現れるのかな・・・きっと無理だろうな~。

一つの時代が終わったような感じです。心からご冥福をお祈りいたします。


マイケル・ジャクソンに関する過去の記事 → 


The Jackson Five - I Want You Back


Michael Jackson Dangerous



Michael Jackson - Childhood




本来なら・・・来月ロンドンはすごいことになっていたはずなのに。。

Michael Jackson London Announcement


[PR]

by chelsea26 | 2009-06-26 22:36 | 音楽

視聴済み「韓国ドラマ」


d0148729_22143710.jpg

これは単なる私の備忘録です。
2003年の「冬のソナタ」に嵌って以来・・・こんなにたくさんの韓国ドラマを見ていたんだわ~。
【冬のソナタ」が全20話って知ったとき、当時とても驚いたけど・・なんたって、日本のドラマは12話前後で終わるのが普通ですからね~。今じゃ、50話超えても驚かなくなりました。
100話以上っていうのは、大体が朝や夜の連ドラ(30分番組)がほとんどですが、60分番組でも視聴率が良ければ100話超えるのがあったりで、これまた韓国ドラマのすごさ!!にびっくりです。
スカパー!の韓国専門チャンネルは、韓国同様、ドラマは週二回放送してくれます。しかもコマーシャルなし。
放送時間もほとんどが60分前後です。放送回数も16話以上が当たり前なので、登場人物も多く、話があちこち盛り上がって面白いです。でも、最終回で、「何だ!この終わり方は・・・」と思うこともしばしば・・・(苦笑)。

我が家もやっと地デジとなり・・・BSデジタルやハイビジョンもみられるようになりました。うれぴー。
今まで知らなかったのだけど、BSデジタルっていうのが、これまた韓国ドラマがかなり放送されているじゃないですか。。。あ~~時間が足りない。
スカパー!の欲張りパック+KNTVの視聴料に約7000円も毎月支払っている私。。。どうしたものか・・・。

そして現在視聴中の韓国ドラマ(平成21年6月26日現在)。

「ラスト・スキャンダル」
「テロワール」
「ビフォア&アフター整形外科」
「コーヒープリンス1号店」
「12月の熱帯夜」
「外科医ポン・ダルヒ」
「兄嫁は19歳」
「春のワルツ」
「家に帰る道」
「憎くてももう一度」
「エデンの東」
「白い巨塔」
「バラ色の人生」


視聴済み韓国ドラマリスト


【あ行】

愛と野望(全81話)
愛の群像(全42話)
秋の童話(全18話)
アジュンマが行く(全162話) 
あなた、そして私(全58話)
あなたは星(全196話)
ありがとうございます(全16話) 
イヴのすべて(全20話)
美しい時代(全149話)
美しき日々(全24話)
王と私(全63話)
怒った顔で振り返れ(全16話)
おはよう神様(全16話)
オールイン(全24話)

【か行】 

母さんに角が生えた(全66話)
カクテキ(全44話)
風の絵師(全20話)
悲しき恋歌(全20話)
変わった女、変わった男(全170話)
乾パン先生とこんぺいとう(全16話)
キツネちゃん、何しているの(全16話)
クァンキ(全36話)
グッキ(全20話)
グッバイ・ソロ(全16話)
宮(Love in Palace)(全24話) 
グラウンド・ゼロ(全2話)
ゲームの女王(全20話)
故郷駅(全174話)
ごめん、愛してる(全16話)

【さ行】

白雪姫(全16話)
18・19妻が突然18歳?(全16話)
純粋の時代(全16話)
新貴公子(全16話)
真実(全16話)
新入社員(全20話)
スカイハイ(全19話)
砂時計(全24話)
糟糠の妻クラブ(全104話)
ソウル1945(全71話)
ソドンヨ(全55話)

【た行】

太陽に向かって(全20話)
太陽の女(全20話)
茶母(チュオクの剣)(全14話)
朱蒙(チュモン)(全81話)
大長今(チャングムの誓い)(全54話)
テジョヨン(全134話)
天国の階段(全20話)
トマト(全16話)
止まらぬ愛(全19話)

【な行】

憎くても可愛くても(全172話)
二度目のプロポーズ(全22話)

【は行】

バカな愛(全20話)
初恋(全66話)
花いちもんめ(全16話)
花咲く春には(全16話)
波乱万丈、ミス・キムの10億作り(全16話)
バリでの出来事(全20話)
パリの恋人(全20話)
春の日(全20話)
火の鳥(全26話)
秘密(全18話)
白夜3.98(全18話)
復活(全24話)
ブドウ畑のあの男(全16話)
冬のソナタ(全20話)
プラハの恋人(全18話)
不良カップル (全16話)
ブルーフィッシュ(全16話)
海神(全51話)
星に願いを(全16話)
星を射る(全16話)
ホテリア(全20話)
ホジュン(全64話)

【ま行】

マイガール(全16話)
魔王(全20話)
戻ってきて、スネさん(全16話)

【や行】

雪の女王(全16話)
ヨメ全盛時代(全52話)

【ら行】
 
ラストダンスは私と一緒に(全20話)
ランラン18歳 (全16話)
輪廻(NEXT)(全14話)
恋愛時代(全16話)

【わ行】

私の男の女(全24話)
私の名前はキム・サムスン(全16話)
別れの法則(全16話)
[PR]

by chelsea26 | 2009-06-26 22:17 | 韓国ドラマ

ラブリーなポストカード。

先日、ア ラ カルトのchatnoirNさんより、素敵なポストカードを送っていただきました。「ア ラ カルト」ブログ開設1周年記念として、ご自分で撮られた写真をカードにされたものです。

d0148729_2154128.jpg



d0148729_21284985.jpg


モノクロの写真は、カラーとは違う別の顔をみせてくれますね。光と闇のコントラストがとても美しいです。
本当にありがとうございました。

ポストカードといえば、筆無精の私・・・なんですが、カードを買うときも、カードを送ってもらったときも、とても幸せな気持ちになります。

私のお気に入りカードをいくつかご紹介いたします。

2年半前のロンドンのポートベローで買ったポストカード。「Books for Cooks」という名前の料理本だけを置いた本屋さんです。本の奥にはお食事やお茶が出来るスペースがありました。

d0148729_2140214.jpg


料理下手・・・というか苦手なくせに、こんなお店に入っちゃって・・(苦笑)。もちろん、英語の料理本なんて買えるはずもなく・・・ポストカードのみ買いました。でも、このカード、めちゃ可愛いのです~。

d0148729_21412159.jpg


こちらは、ジェフリー博物館で買ったカード。

何ともイギリスらしい写真です。

d0148729_21451583.jpg


こちらは、イタリアのボローニャに住んでいるお友達Catiaちゃんが送ってくれたカード。
パスタとブレッドがオシャレなカードになるって言うのが素敵です~。

d0148729_21461539.jpg



こちらは番外編!個人的にかなり気に入っているカード。
Cream TeaのSetsukoさんが一人でイギリス旅行に行ったときに、送ってくれたイートン校のポストカード。このときは本当にうれしかったよ。ありがとう、Setsukoさん!

d0148729_21484370.jpg


横顔だけでもイケメンゾロゾロ・・・でございます。
1999年にSetsukoさんと一緒にウィンザー&イートンへ行ったのですが、あっちこっちに、素敵な学生さんがおりまして・・・吸い寄せられるように、同じお店に入っていった二人です。危ない・・・??
[PR]

by chelsea26 | 2009-06-22 21:59 | Post Card & 切手

フランスの切手

海外サイトを見ていたら、何だか美味しそう~な切手を発見!

d0148729_0543763.jpg


先月からフランスの郵便局で発売されている記念切手だそうです。
そして、何よりすごいのは、チョコの香りもするそうなんです。

やっぱり、おフランス・・・やることが違いすぎます。素敵~。
[PR]

by chelsea26 | 2009-06-21 00:58 | Post Card & 切手

ソウル路地裏ガイド&OST

インターネットというものは、本当に便利なもので、買い物に出かけなくても、家でポチッとボタンを押せば、2日後には家に届いちゃうんですよね~。
これに嵌ると、ちょっとばかりやばい?生活になるのですけど。。

で、先日、アマゾンを見ていたら、どうしても欲しい!!ガイドブックを見つけてしまいました。

d0148729_0225867.jpg


ソウルの街を歩いていて、面白いのは、ちょっと大通りから外れた路地裏は、今でもまだ懐かしい~雰囲気がたっぷりの場所がたくさんあるのです。

ソウルには江南(カンナム)というお金持ちがたくさん住んでいる地区や今オシャレスポットとして有名な三清洞(サンチョンドン)などがありますが、こちらも行ってみたいけど、こういうちょっとディープな路地裏を歩いてみたかったりするのです。

d0148729_028695.jpg


↑の写真はインサドン近くで撮ったものです。ソウルの道は、舗装はしてあっても、かなりデコボコなところがたくさんあります。急な坂道も多いし・・旅行に行かれるときは歩きやすい靴が一番です。

あ~ソウル、行きたくなった~。

ガイドブックと一緒に買ったのが、韓国ドラマ「白い巨塔」のOST(オリジナル・サウンド・トラック)。

d0148729_0331944.jpg


本当は韓国版OSTが欲しかったのだけど、どこも売り切れで、日本版を買いました。
訳詞がついている分、ちょっと高めですが、このドラマの音楽は本当にどれも素晴らしい!
説明書を読んでみたら、このドラマのOSTのプロデューサーは、「ホジュン」「チャングムの誓い」を手がけた作曲家イ・シウさん。どうりで心にビビッとくる曲ばかりだったんだわ。

このドラマの音楽はこちらで → 

日本でドラマが放送されても、サントラ盤なんて、ほとんど発売されないと思うのですが、韓国ドラマは、音楽にも力を入れてます。ほとんどのドラマがOSTを発売しています。

2003年の「冬のソナタ」放送で韓国ドラマに嵌って以来・・・買い続けた韓国ドラマのOST。

d0148729_0395178.jpg


数えてみたら、50枚近くもありました。そのほかに韓国のミュージシャンのCDが約50枚。私ってば、いつの間に・・・。一枚2000円としても、約20万も使ったんですか~!
韓国に2回行けたわ・・。
[PR]

by chelsea26 | 2009-06-21 00:48 | 本・雑誌

イギリスからのポストカード&Nottingham

先週の土曜日に、Collectibles GardenのKeikoさんからお葉書が届きました。

d0148729_23355474.jpg


あぁ~私のあこがれの地!イギリスから~でございます。

もっと早くに更新しようと思いながら・・遅くなってしまいました。keiko様、すいません。

ちょうどイギリス在住の娘さんAyakoさんが日本に帰国されており、イギリスへ帰国の時に一緒に行かれたそうなのです。何ともうらやましい~。
私も姪っ子3人おりますが・・・誰か一人でもイギリス人と結婚してくれないだろうか???
そしたら、邪魔だ~と言われても、住み着いちゃうのに。。ウフフ。

それにしても、何とも美しい景色ですこと。Derbyshire にあるKedleston Hall だそうです。
1759年から6年を掛けて建造された大邸宅!!
この風景はこの先ずっと永遠に変わらないのでしょうね~。

Ayakoさんはイギリス中部の町にお住まいです。
中部の町・・といえば、13年前、語学遊学していたときに、現在イタリア在住のsiroccoさんと、イギリス中部のNottingham へ週末1泊2日の旅行へ出かけました。

ロンドンのセント・パンクラス駅から北へ約2時間の街、ノッティンガム。

ノッティンガムというと、「ロビン・フッド」ぐらいしか思いつかないのだけど、ハイテク産業が集まる工業都市だそうです。

d0148729_2347062.jpg


一番上の写真はセントパンクラス駅。今は立て直しされちゃってキレイな駅になったようです。

なぜNottinghamに行ってみようとなったかというと、siroccoさんが通っていた日本での語学学校の先生がノッティンガム出身のイタリア系イギリス人だったそうで、「僕の両親が、ノッティンガムで小さなイタリアンレストランをやっているから、もし、ノッティンガムに行くことがあれば、是非行ってみて!」とのことで、それじゃあ!行ってみようという事になったのです。

なんたって13年前の写真なもので、かなり劣化が・・・。っていうか、イギリスで現像した写真は劣化が激しい~ような気がします(苦笑)。日本で現像した当時の写真は今でも鮮明なのにな~。

d0148729_23493321.jpg


ノッティンガムの中心部にあるオールド・マーケット広場の近くにあるツーリスト・インフォメーションに行ってみると、なにやらものすごい人だかり。

ちょうどお祭りがあっていたようで、ホテルは取れるのかしら?と不安だったのだけど、「この時期は、B&Bに泊まるより、このホテルが特別に安く泊まれるからこちらがオススメよ」と、インフォメーションのおばちゃんに言われ、「Nottingham Royal Moat House」という、私たちにとってはかなりリッチなホテルに泊まることができました。

まずは荷物を置いて、お昼を食べに行こうということで、siroccoさんの元先生のご実家のイタリアンレストランに行ってみようと、バスに乗ってなんとか到着。私たちは、てっきり「小さなかわいいレストラン」と思っていたら、何と、こんなにりっぱなお洒落なレストランだったので、びっくり!

d0148729_23505698.jpg


立派すぎる~!先生のお父さんにもお会いして、おいしいパスタも食べることが出来て満足、満足でした。

翌日は、ノッティンガムに来たからにはやっぱりロビン・フッドが住んでいた?森「シャーウッド・フォレスト」に行かなきゃね!ってことで、のどかな田園風景を見ながら、バスにゆられて約1時間。

d0148729_2354532.jpg


ロビン・フッドと仲間が落ち合っていたといわれる大木「Major Oak」のある森をのんびりゆっくりと散歩しながら、楽しい時間を過ごしました。

街中にロビン・フッドの銅像があったのですけど・・・何だかイメージ違いますよね~。
もうちょっと大人かと思っていたけれど、こちらはまだ少年のような??

d0148729_23562680.jpg


翌日も市内中心部ではコンサートがあったり、多くの人でにぎわっておりました。
途中、若いギャルに囲まれた青年たちを発見。(写真:右下)
スティ先で、小学生の女の子に「この人達を知ってる?」と尋ねたら、「オォ~、Gemini!」と教えてくれました。
どうやら、双子のアイドルだったようで・・・。

d0148729_01453.jpg


イギリスに3ヶ月位滞在できたら、色々な場所に旅行に行けるのになぁ~。
やっぱり1週間やそこらでは、ロンドンとその近郊に限られちゃうのが残念です。

やっぱり、姪っ子3人のうち、誰かをイギリス人の嫁にするしかないな~~(笑)。
[PR]

by chelsea26 | 2009-06-21 00:13 | イギリス

Hedgehog In The Fog

d0148729_21125128.jpg


ロシアの有名なアニメーション作家ユーリー・ノルシュテインの作品「霧の中のはりねずみ」です。
映像の詩人と言われるだけあって・・・本当にこの美しい映像に引き込まれました。

CG処理されたものが好きではないそうで、切り絵を使った独特の方法で、時間を掛け、丁寧に作っているのだそうです。

1970年代製作のアニメとは思えないほど・・・素晴らしい作品です。
ソ連時代というと、何となく自由もなく、文化芸術面も制約されていたのか・・と勝手に思っていましたが、どうしてどうして・・・子供たちにとっては、今よりも良い時代ではなかったのではないでしょうか。


お話・・・
夜になり、はりねずみさんは、お友達のこぐまさんの家に出かけます。
途中で白い馬を見かけたはりねずみさんは、馬を追って、霧の中へ入り、道に迷ってしまいます。

Hedgehog In The Fog




こちらの作品も素敵~。

ユーリ・ノルシュテイン「狐と兎」1



ユーリ・ノルシュテイン「狐と兎」2




20年以上かけて製作を続けている「外套」も見てみたいです。

Part 1 (続きは、you tubeでどうぞ。)


[PR]

by chelsea26 | 2009-06-14 21:32 | animation&short film