1ポンドから買えるロンドン暮らしマーケットBest50

d0148729_2144427.jpg


本屋さんに行くと、イギリス関係の新着本が出ていないかと探し回る私・・。

で、見つけました!

タイトルからして、かなり興味をそそられるガイドブックじゃありませんか!!

まだ日本では知られていないマーケットも紹介してあって、とても楽しめました。
でも、やはり、本の巻末には、「移民の多い地区のマーケットやロンドン東部のマーケットの取材では苦労しました」って書いてあったから、この辺りは、おのぼりさん気分で行くと、ちょっとやばいのかもしれません。

d0148729_21515821.jpg


↑の写真の左側にあるスポードのお皿セットがとても素敵!!
セットで120ポンドだそうです。

d0148729_2152555.jpg


こういう写真を見ると、今すぐロンドンへ飛んでいきたい気分にかられます。


こちらはガイドブックには関係ないのですが、ロンドンの美しい動画を見つけたのでご紹介。

ピカデリーサーカス周辺を歩いている地元の人、観光客・・様々な人種が入り乱れています。
ロンドンの街を歩いていると、道を聞かれたり、時間を聞かれたり・・これだけの人種がいれば当たり前なんですよね~。って、だからって、私はロンドンで道を聞くときは、やっぱりアングロサクソン人顔の人に聞きますが・・(笑)。


動画はこちら → 
[PR]

by chelsea26 | 2010-03-26 22:02 | 本・雑誌

日本アニメーション。

日本アニメーション(株)がyou tube に公式サイトをオープンしたとのことです。
第一話だけだったら、無料で全部見られるのがすごいです~。

フランダースの犬、赤毛のアン、母をたずねて三千里・・昔はこういう素敵な物語(でも時に悲しすぎるお話も・・・)をアニメにしたものがたくさん放送されていたんですよね~。今の子供たちにも是非見てもらいたいな~。
赤毛のアンを見たときは、「海外に行くなら、絶対プリンスエドワード島!」って思っていたけど、なぜかイギリスになってしまいました・・・。


こちらが公式サイト →



[PR]

by chelsea26 | 2010-03-26 12:54 | animation&short film

門司港レトロ(番外編)

d0148729_21475419.jpg


栄町銀天街に行く途中で、店先にアンティーク風の椅子が置いてあるのが目に入った私と妹。
義弟と姪っ子に「ちょっと待ってて~」と言いつつ、お店の中に入ってみると、そこは、やっぱり素敵なアンティークと雑貨のお店でした。

d0148729_2149399.jpg


d0148729_21511326.jpg


d0148729_2151501.jpg


d0148729_21521195.jpg


ここに置かれてある家具も売り物で、こんな風に飾ったら素敵だな~と思える物ばかり。

お店の方と話してみると、どうやらここは2号店で、本店は海峡プラザにありますとのこと。
そういえば、海峡プラザの中にアンティークと雑貨のお店があったな~と再び舞い戻る私と妹。
義弟&姪っ子3号・・待たせてごめん。

こちらは本店の店内です。こちらも重厚な家具やアンティーク、雑貨が所狭しと置かれていました。

d0148729_2156162.jpg


d0148729_21562777.jpg


d0148729_2156453.jpg


d0148729_2157157.jpg


d0148729_2157156.jpg


今回、何よりも欲しかったのは家具ですが・・無理なので、小さめの物を買いました。

こちらは前から欲しかった小さなプリンタトレイ。
前回イギリスで買ったものは妹へのおみやげ・・だったので、次回は自分用に買おうと決めていたのですが、ここで発見!しかもお値段もお手頃価格。

d0148729_223173.jpg


Fleet St. London って書いてある文字が魅力!Fleet Street は、新聞街として有名だったそうです。

d0148729_2235176.jpg


裏に何気に書かれた文字さえ愛おしい・・・(笑)。

d0148729_2242619.jpg


アンティークでなくても525円というお値段がすてき~。

d0148729_2252044.jpg


二号店では、アンティークカードと刺繍が施されているドイリーを買いました。

d0148729_2261592.jpg


こんなに可愛いカードなのに、裏に書かれた文字・・読めない!!(苦笑)。

この文字でもちゃんと相手に届いたのかと思うと・・すごいな~。

門司港レトロも楽しかったけど、こんな素敵なお店に出会えたのも嬉しさ倍増の旅となりました。



d0148729_227152.jpg

[PR]

by chelsea26 | 2010-03-23 22:15 | アンティーク&雑貨

門司港レトロ(後編)

d0148729_2110303.jpg


門司港駅の南側に「栄町銀天街」というショッピングストリートがあります。
かなり・・・昭和の匂いがプンプンしておりました(笑)。

ここに「昭和レトロ館」があるとガイドマップに書いてあったので行ってみました。

d0148729_21135687.jpg


営業は、土日祝日と夏休みのみだそうです。

レトロ館の前に置いてあったアイスキャンデー屋さんの自転車。

d0148729_21154095.jpg


建物の中は、昭和時代の懐かしいお部屋の再現やオモチャ、文具などが飾ってありました。

テレビの上に飾ってあるお人形って、我が家にもこのタイプのお人形あったような・・・。

d0148729_21173242.jpg


d0148729_21175219.jpg


d0148729_211812100.jpg


d0148729_21182913.jpg


d0148729_21184714.jpg


d0148729_2119096.jpg


北九州出身の漫画家「関谷ひさし」さんゆかりの展示物などもありました。

d0148729_21211027.jpg


昭和レトロ館のあとは、ちょうどお昼時となったので、門司港名物(知らなかったのだけど)「焼きカレー」を食べに行きました。

どこを歩いても「焼きカレー」の看板ばかりで、一体どんな食べ物??と興味津々。

海外との貿易港であった門司港近くには、数多くの洋食屋さんがあったそうですが、昭和30年代、とある喫茶店のオーナーが、カレーをグラタン風にオーブンで焼いたところ、かなり好評だったそうで、それが今に至っているのだとか。今では、ドリア風に、チーズや卵をのせているところが多いようです。

d0148729_21272761.jpg


看板を見て気になった本家本元「ユキ」さんという喫茶店に入ってみました。

お店のカウンターに置いてあったサザエさん一家のお人形が何とも可愛い。

d0148729_21353878.jpg


喫茶店とやらも最近はかなり少なくなっているだけに、とても新鮮~。

まずはサラダ。この感じが昭和風サラダって感じ。

d0148729_21345452.jpg


これが門司港名物「焼きカレー」です。チーズと卵とカレーが絶妙にいい感じ~。
卵は隠れちゃっていますが、真ん中にとろり~と入ってます。

d0148729_21365891.jpg


これは、我が家でも再現できそうなお料理です。
美味しくいただきました~。フルーツサラダつきで800円です。
門司港レトロへ行かれる方は、是非「焼きカレー」を!!
[PR]

by chelsea26 | 2010-03-23 21:46 | お出かけ&グルメ

門司港レトロ(前編)

d0148729_2049512.jpg


2月からずっと週末は職場か家での仕事で・・・心も身体も疲れ切っておりましたが、せっかくの3連休ってことで、日曜日に、以前から行きたかった門司港レトロへ妹夫婦&姪っ子3号と一緒に行ってきました。妹夫婦よ、連れていってくれてありがとう!

↑の写真は門司港駅です。大正3年(1914年)開業。ネオ・ルネッサンス様式の木造建築だそうです。

d0148729_20551775.jpg


駅の前には人力車が・・。1区間(1キロ)お一人2000円だそうです。

前日の熊本といえば、朝から、生暖かい風が吹いており、気温も高め・・夜は土砂降り&雷でしたが、それほど寒くなかったので、日曜日も春の装いで出かけたところ、門司についてみれば、歩いている人達は真冬の格好・・しかも、かなりの強風!!
お天気はとっても良かったのだけど、吹き飛ばされそうな冷たい強風で、ほとんど建物の中で非難していたような・・・(苦笑)。 

まずはとりあえず・・門司港駅周辺を散策。

こちらは旧門司三井倶楽部。大正10年(1912年)三井物産の接待・宿泊施設として建設された建物で、アインシュタイン夫妻も宿泊したそうです。

d0148729_2131070.jpg


d0148729_2141810.jpg


向こうに見える高い建物は、黒川紀章氏が設計した高層マンション「レトロハイマート」。
31階に「門司港レトロ展望室」があります。

d0148729_2163779.jpg


展望室からみた風景。

d0148729_217658.jpg


門司港駅周辺
d0148729_2172620.jpg


こちらは旧門司税関。屋根の上にある小さな小部屋?のようなものが可愛らしい。

d0148729_2175612.jpg


壇之浦の戦い・・ってここだったのね。

d0148729_2111925.jpg


壇之浦方面です。
d0148729_21102512.jpg


こちらは国際友好記念図書館。1階は中華レストラン、2階が図書館、3階が資料室となっています。
煉瓦の建物はやっぱり素敵。

d0148729_21123291.jpg


こちらは海峡プラザと呼ばれている複合商業施設。お土産屋さん、オルゴールミュージアム、ガラス工芸品レストランなどがあります。

d0148729_21141092.jpg


恥ずかしながら、今の今まで、小倉、門司、下関の位置がイマイチよくわからなかったのですが、今回やっと頭に地図が入りました(笑)。

門司といえば・・またはじめて知ったのですが、「バナナのたたき売り」発祥の地なんだそうです。
で、海峡プラザで見かけたのが、この不思議なキャラ。顔がこ・わ・い・・・。

d0148729_21165511.jpg


観光地といえども、観光客でごった返すほどでもなく・・静かな雰囲気の街でした。

d0148729_21243762.jpg

[PR]

by chelsea26 | 2010-03-22 21:36 | お出かけ&グルメ

Cream Teaさんの豆もの雑貨♪

d0148729_2333218.jpg



お友達のSetsukoさんのCream Tea's Shopがただいまオープン中です~053.gif

ってことで、とってもラブリーな豆雑貨をご紹介します!

↑の写真は、お家の形をした豆フレームです。
自分の大好きな写真を小さく印刷して、お部屋に飾ったり、お友達へのちょこっとプレゼントでも喜ばれそうです。

d0148729_23405697.jpg


こちらは、小さなマッチ箱に、イギリスの写真がプリントされた豆カードと封筒が入ってます。
何をどうして、こんなに小さなものが作れるのか・・尊敬ですっ。


d0148729_23413954.jpg


こちらは、折りたたみ式豆フレーム。
これはいつでもどこでもチラッと見たい大好きな人の写真を入れて、バッグに忍ばせておいたり、旅行先に持って行ったり・・。

d0148729_23432654.jpg


まだまだ他にも、イギリスの豆本、絵が飛び出す豆本など素敵な豆グッズがありますので、是非、CreamTea サイトをのぞいてみてくださいね~!
[PR]

by chelsea26 | 2010-03-19 23:50 | アンティーク&雑貨

嬉しいニュース、でも・・・。

d0148729_23153366.jpg



さきほど、ヤフーニュースを見ていたら・・こんな記事が書いてあった。

長時間労働の解消やワークライフバランス(仕事と生活の調和)充実のため、厚生労働省は19日、企業に対し年次有給休暇の取得目標を設定するよう要請することを盛り込んだ「労働時間の見直しに関する改正ガイドライン」を発表した。すべての労働者が2週間程度の連続休暇を取得できるよう促進を図るとしている。(産経新聞)

これが実現したら、どんなに嬉しいことか・・・。
しかし、要請じゃなくて、義務化してもらいたい。そして、これを守らない企業の代表者は、終身刑・・!!なんちゃって。

2週間連続休暇をもらえるなら、その前後、夜中まで残業したって文句は言わない。
仕事は責任持って頑張る・・そんな気持ちにもさせてくれるんだけど、絶対無理だな~。
大企業ならまだしも・・少人数の職場じゃ、支払いやら何かと雑用がたくさんあるんですもん。
有給だって1年に20日あるけど、昨年1日位取っただろうか・・夏休みだって5日の内、4日しか取れなかったし。

でも、フランスなんて、夏といえばバカンス!で、ほとんどの人が長期休暇を取っているにもかかわらず、会社が倒産!!だなんて話も聞かないし、やろうと思えば、どうにかなるのかも?
っていうか「バカンスですので、休みが終わったら連絡します」でいいんじゃないの?
日本人、真面目すぎるんだもん。
働くときは働く、遊ぶときはとことん遊ぶ・・の人生だったら、その楽しみのためにがんばれるような気もするんだけど。
今の状態じゃ・・何のために??このまま人生を終えちゃうの??かと思うと、悲しすぎる~。

2週間連続休暇がもらえれば、迷うことなく、イギリスへ・・またはヨーロッパへ行って、のんびりダラダラ・・過ごしたいです。

こちらは、ロンドンでの1日の過ごし方を紹介しているビデオ → 
[PR]

by chelsea26 | 2010-03-19 23:31 | イギリス

韓国ドラマ「熱血商売人」

d0148729_21443494.jpg


今月視聴中の韓国ドラマ

怪しい三兄弟
善徳女王
アイリス
宝石ビビンバ
熱血商売人
エデンの東
風の絵師(二度目の視聴)

スカパー!のTBSチャンネルで放送されている「エデンの東」は全56話なんですが、週1回の放送なので、先に進まず・・。でも、やっと終わりが近づいてきました。
それにしても、カットが多すぎて、話が飛びすぎて、途中???ってなることが何回も。

この「エデンの東」に出演しているパク・ヘジン君(スンホン氏の実の弟役)が主演のドラマが始まる~っってことで見始めました。





(あらすじ)KBSサイトより

入社5年目の外車ディーラーハ・リュ(パク・ヘジン)。恋人に捨てられたハ・リュは人生を挽回しようとユ会長のドリームカーミッションに飛び込む。全国各地から集まったトップクラスの営業マンたちがユ会長のドリームカー探しに熱意を燃やす中、営業クイーンのキム・ジェヒ(チェ・ジョンアン)とハ・リュが正面対決することになる。そんなある日、ハ・リュは自分が売った車の欠陥を主張する保険会社の社員ミン・ダヘ(チョ・ユニ)に出会う。その直後にリュの父が欠陥車を運転する車と衝突して他界してしまう。
現場の死亡者が自分が車を売った人だったという事実に絶望のどん底に落ちるハ・リュ。一方, 車の欠陥による事故であることを隠ぺいしようとするスンジュ(チェ・チョロ)は事実を明らかにしようとするハ・リュと衝突するのだが…。

第一話を見たあと・・・どうしよう~と思いつつ、第二話を見終わって・・まぁ、とりあえず見てみよう・・・って感じで視聴しています。
韓国ではあまり視聴率はよくなかったそうだけど、「人生の価値はお金ではなく人である」というメッセージが多くの共感を得たそうです。

マンガが原作のドラマらしいので、個性あるキャラがたくさん出てきます。
第2話でしたっけ?日本人のおじちゃんが出てきたのですが、ひど~い日本語。明洞で働いている人を雇ったほうが良いんじゃ?って感じの日本語でした。
ビョンホン氏の「アイリス」では、日本人テロリストとして白竜さんが登場してました。


最初、営業クイーンのジェヒという女性を見たとき・・「はて、どこかで見たことがあるお顔?」と思って、調べてみたら、コーヒープリンス1号店に出ていた画家のハン・ユジュ役をしていた人だったのね~。なんだか顔が違うような・・・。

かなり化粧が濃いです。
d0148729_2222983.jpg


こちらはコーヒープリンスの頃の顔。
d0148729_2231854.jpg


調べていてびっくりしたのが「海神」でチェリョン役もしていたんだ~。
d0148729_224366.jpg


もう、ここまで来ると、彼女の本当の顔がどれだかわからなくなってきた。。。

d0148729_225926.jpg


チェ・チョロ氏(なんか変わったお名前)って、テジョヨンじゃとても格好いい役だったのに、今回は何とも卑劣なタイプのようで・・。役柄が変わると顔まで違って見えちゃうんですよね~。

期待せずに見ているドラマって、意外と後から嵌っちゃうことが多い私。
このドラマもそのようになるのかしら??
[PR]

by chelsea26 | 2010-03-16 22:25 | 韓国ドラマ

コッツウォルズで買ったアンティーク。

すでに3年前になってしまったイギリス旅行。
このとき、バスツアーでコッツウォルズに行ったとき、ガイドさんのお薦めアンティークショップに行きました。

当時1ポンド=240円だったにもかかわらず・・何もかもが安かったことに驚きました。ポートベローなどの値段を知っていると・・「ぼったくりやん!」って思うほどの安さでした。

とはいえ、自由な時間がほとんどなくて、じっくりと選ぶこともできなくて・・・。

缶好きとしては、またしてもここで紅茶の缶をお買い上げ~。

d0148729_2132558.jpg


缶の中には、ティスプーンまで入っておりました。

d0148729_21392987.jpg


期待のお値段は、何と1ポンド50ペンス!当時で360円!今の為替だったら200円!

こちらは、アンティークのベル。でも、中の鐘がはずれていて、音は出ないのです。
が、爪でカチーンとたたくと、とっても良い音が鳴り響きます。

d0148729_21361980.jpg


値段は忘れたけど、確か1ポンドか2ポンドだったような・・・。

このショップ・・またいつかじっくり~と行ってみたいな~。

d0148729_21374561.jpg

[PR]

by chelsea26 | 2010-03-16 21:41 | アンティーク&雑貨

乙女心をくすぐる洋書

d0148729_2117381.jpg


先日、時々クロスステッチの洋書を買っているショップからのお知らせメールをクリックしてみると!!

乙女心をくすぐる洋書!!が紹介されておりました。

ってことで、またもや、ポチッとボタンを押してしまった私。

d0148729_2122409.jpg


主にカルトナージュの本なので、しかもフランス語で理解不可能なんですが、見ているだけでも幸せ気分にしてくれるラブリーな洋書です。

d0148729_2121214.jpg


フランスには普通にこんなに可愛い布やボタン、レースが売られているんでしょうか。。
うらやましすぎます。

d0148729_21221798.jpg

[PR]

by chelsea26 | 2010-03-16 21:24 | 本・雑誌